So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

激痛。 [通院]

久しぶりに激痛を味わいました。

それは17日の朝。
起きたら左手首が内側に曲がらない。
曲げようとすると痛い。
「寝違えたかな」
最初はその程度でした。

翌日朝起きると痛みが増している。
でも手首だとどうしても濡らしやすいし、
湿布を貼ってもはがれてしまうので、
我慢出来ない痛みじゃないので普通に出勤。
仕事もこなして帰宅。

問題はその翌日18日。
起きたら痛みが更に増している。
もはや内側にも外側にも曲げられない。
仕方なく湿布を貼って包帯を巻いて出勤。
腎臓の関係で手持ちのロキソニンとイブプロフェンが使えないので、
ただ湿布に頼るのみ。
しかし午後になったら湿布の効果が切れたのか、
もう久しぶりに味わう激痛。
「手首を痛めたと思っていたけど、
 もしかしてこれが痛風発作というものかーっ!」
豊田議員よろしく叫びたくなる痛みに耐えつつ、
仕事をしようとするけど、
もういてもたってもいられない。
しかし主治医はその日まで夏休み。
下手な整形外科に行ったら、
「痛風なんだ。じゃ痛風発作だろうから。」
って湿布とロキソニン処方されて終わるのが目に見えている。
だから他の医者には行かれない。
会社じゃなければ叫んでいました。
現にバスを降りて家に駆け込んで、
「痛い痛い痛い痛い痛い!」
連呼しましたから。

痛みで汗みどろだったのでシャワーを浴びても、
まるで左手が使えない。
前回の痛風発作と思われたときは激痛がなかったけど、
痛風発作ってこんなに痛いものなのかと、
もんどり打って耐えていたところ、
夜遅くなったら痛みが引いてきた。
発作が治まってきたのかと思い、
とりあえず湿布貼って就寝。

翌朝一番で受診。
実はこのときには激痛はなくなり、
ただ動かない棒のような手首を抱えて、
どう説明しようか思案して順番待ち。

手首の内側が痛いのに、
外側の何カ所かを押して、
「ここ痛い?」と聞く主治医。
それがまた激痛。
「ちょっと骨見せてねー。」
でレントゲン撮影。

結論。
「変形性関節炎」。
外側の手首の2本の骨の間にあるべき空間がない。
骨と骨がガチンコで当たっている。
「内側に神経とか腱が集中しているから内側が痛かったのよ。」
「だけど飲み薬は使いたくないから、
 痛み止めの注射するけど良い?」
初めて骨と骨の間を探りながら針が入っていくのを経験。
すげー痛いっす。
とても自分では目にできなかったけど、
後から膿盆みたら血まみれのガーゼと注射器があったので、
かなりすごいことやっていたんだなぁ・・・。
「痛風発作が出るところとはあんまり考えにくいのね。
 だから様子を見て明日も痛かったら来てちょうだい。
 痛み止めまたやるから。」

注射一発で痛みはなくなり、
後は多少後遺症的に腫れと神経の痛みはあったけど、
けっきょく先生の見立てがどんぴしゃりだった様子。
やっぱりすげーな、この先生。

医者とは常々相性があると思っていたけど、
この先生は早くから湿潤療法をとりいれていただけあって、
勉強熱心だし見立てもかなりスゴイ。
そして注射もうまい。
腎機能障害の件もそうだけど、
この先生にかかっていなかったら、
今もロキソニン飲み続けて、
下手すりゃ近い将来透析生活になっているかも。

大病院の先生が好きな人も多いけど、
私は街のクリニックのホームページを観て、
そこに記載された内容とか医者の人相で判断。
これが意外なほどよく当たる。
今回もあたりだったなぁ。

もっとも血圧の方は、
会社から徒歩2分。
昼休みでも受診できるので選んだんだけどねw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/24 [moblog]


コメント(0) 

高血圧その後。 [通院]

降圧剤を飲み始めて1ヶ月後、
上が126、下が72と正常値に。
体重も3kg落ちて、
浮腫もなくなりました。

もっとも尿酸値を下げるクスリも飲んでいるので、
そちらの治療の関係もあるかと。

家で測っても病院でも測ってもほぼ同じなので、
降圧剤の効果はあったようで。
ただ1ヶ月くらいで170からこんなにもさがるものなのか。
むしろその方が心配。

と言うのも。
足がパンパンに浮腫んだとき、
てっきり腎臓だと思って内科を受診したけれど、
結論から言うと痛風発作だったと思われ、
その影響で血圧が上がっていた可能性も否定できず。
塩分には気をつけているし、
その効果があったのかも知れなけれど。

でもね、
白血球の値が下がらないんですよ。
整形外科の主治医は、
「わんこに噛まれたときの雑菌が、
 身体の何処かで悪さをしているのかな」
で、股関節と鼠径部リンパの痛みを再び訴えると、
レントゲン写真を撮り、
「股関節も恥骨も何にもないねー」
そう言った後しばし考えて、
「○○さん、もしかして子宮何かやった?」
まさか整形外科医からそんな言葉が出るとは予想もせず、
「子宮腺筋症を」
「取った?」
「取りました」
「卵巣は?」
「残っています」
「もしかすると内膜症が恥骨結合部にできると、
 悪さをすることがあるからそれかも。
 あと子宮をやった人は浮腫むんだよね」
とても整形外科医の言葉とは思えず、
いやはやこの先生、
どれだけ研究熱心なんだろうと。
一般的に整形外科医って骨の専門医で、
あんまりそれ以外のことは知らないことが多いので。

と言うことで、
骨盤のMRIを撮ることになりました。
昔は内膜症は開腹手術をしないとわからなかったけど、
今はMRIで確認できるんだそうです。

今年も医療費確定申告決定です(゜´Д`゜)。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/23 [moblog]


コメント(0) 

「将軍たちの夜」 [ストリーミング]


将軍たちの夜 [DVD]

将軍たちの夜 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


内容紹介
1942年、ナチス・ドイツ占領下のワルシャワ。一人の女性が惨殺された。目撃者の証言によると、犯人はズボンに赤い縦縞が入っているドイツ軍の制服、つまり将軍の制服姿だったというのだ。
情報部のグラウ少佐は調査を進めるが、その矢先に左遷されてしまう・・・。

映画秘宝絡みでw。

第二次大戦末期のナチス。
あるものはナチスの行き詰まった現実を懸念し、
あるものはただひたすら忠実に奉仕する。
その一方で1942年のワルシャワで起きた凄惨な娼婦殺人事件、
それと同じ事件がパリでも発生する。

普段の自分なら絶対に選ばない映画だけど、
何の因果か、
観ちゃいまして。

で、結論としては、
多分今の時代には作れない、
見事なキャストと重厚な演技、
時間は長いと言えば長いけど、
時間を行きつ戻りつしつつ、
決してだらけない見事な群像劇。
そして相変わらず、
整った容姿とそれが故に醸し出される、
ピーター・オトゥールの異常さ。
「アラビアのロレンス」を観た時も思ったけど、
余りに美しい外見というのは、
何処かにアンバランスさが存在する気がして、
結論から言うと、
その存在に異常さを感じさせる。
オマー・シャリフの独特の優雅なりりしさと違い、
或いはドナルド・プレザンスの優美な冷徹さと違い、
最初から異常な雰囲気を匂わせるから不思議だ。

この映画をナチスの戦争映画だと思ったら大間違いで、
戦闘シーンなど全く出てこない。
多少市街地を破壊することはあるが、
すでに鎮圧されたパリでの事なので、
「これぞ戦争」という場面を期待する向きには肩すかしだろう。
あくまでもナチスの将軍たちそれぞれの立場や性格、
その背景を描いているドラマである。
設定だけで敬遠されやすいかも知れないが、
これは見事な心理ドラマと言える。
ネタばらしになるので詳細は書かないが、
一つ一つのシーンの裏側に、
どんな心理状態が隠されているのか、
それが何を物語るのか、
じっくりと見れば観るほど興味深い。

万人に受け入れられる映画とは言いがたいが、
今のハリウッドでもヨーロッパでも、
この規模でこんな異常な映画は作れないだろう。
凄惨な戦争で無数の死を目撃し、
人間はどこまで正気でいられるのか。
そもそも人間の正気とは何なのか、
戦争とそのさなかでの犯罪、
同じ死でありながら何が違うのか。

気乗りしないで見始めたが、
最後には夢中になっていた。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/22 [moblog]


コメント(0) 

「羊の木」 [マンガ]


[まとめ買い] 羊の木(イブニングコミックス)

[まとめ買い] 羊の木(イブニングコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版


ギャグ漫画の巨匠2人が奏でる「不安」「願望」そして「笑い」の先にある物語! ――とある日本の地方都市が、犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘プロジェクトの試行都市となる。市長は一般市民には何も知らせずに元受刑者の過去を隠し転入させるというこの更生促進事業を受け入れた。移住するのは、凶悪犯罪を犯した11人の元受刑者。はたして、このプロジェクトの行方は!? 貴方の隣人が凶悪犯罪を犯した元受刑者だったら。罪償いし者達と罪未だ犯さざる者達の輪舞! ここに開幕!

この漫画が出版されたとき、
伊集院光が深夜ラジオで話題にしていて、
ものすごく興味はそそられたけれど、
ちょうど精神状態が不安定だったので避けていたところ、
先日「伊集院光とらじおと」でいがらしみきおがインタビューに登場。
映画化もされるとのことでより一層興味を惹かれ、
まとめ買いして一気読み。

時期が時期だから感じたのだけれど、
犯罪者を受け入れて普通に暮らさせるという街が、
一見平和だけど訳ありの犯罪者だらけのツインピークスと重なり、
人間の根深いところにある本質、
それが本当の意味で変わるのか変えられのか、
人間の悪意の本質とは何なのか、
信じること信じられることで何かが変わるのか、
変わることのない悪の本質とは何なのか、
実に考えさせられた。

実際に街には更正施設を出た来た人間がいる。
それは隣に済んでいるのかも知れないし、
職場に中途入社してきた人かも知れない。
その人間をまとめて自治体が受け入れる。
現実にあってもおかしくない話だ。
実際犯罪者が再犯で逆戻りするのは、
孤独であったり社会性に乏しくなじめないからだ。
その彼らを承知で引き受けて、
承知だからこそ寛容に受け入れようとすることは悪くない。
しかし事情を知っているものにとって、
彼らの一挙手一投足が恐怖に繋がる。
ひと言ひと言が「ばれるかも」という懸念に繋がる。
むしろ知っていて受け入れることの難しさを、
イヤと言うほど思い知らされる。

そして当然のように事件は起こる。

曰く付きの街だけに、
余計な騒動も起こる。
そもそもこのプロジェクト自体が怪しくなる。
誰もが誰を信じて良いのか、
信じることができるのかわからなくなる。

奇妙な街の過去に導かれて、
奇妙なプロジェクトが密かに行われ、
奇妙な因縁で事件が展開していく。
でもこれは寓話ではない。
現実にあったとしてもおかしくない。
山上たつひこといがらしみきおと言う鬼才が出会い、
現実社会を切り取って表現した、
見事な作品であり、
「マンガ」というカテゴリーで片付けられる作品ではない。

これを映画化したとき、
何がどう削られてどう強調されるのか、
興味はあるが余り考えたくない。
映画は映画、漫画は漫画、
そう考えておくのが心構えとして正しいだろう。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/21 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF2719-s.jpg

DSCF2721-s.jpg

ユリです。
なんか涼やかな感じがして良いなぁと。

今はつぼみが一つ開いてきて、
より一層華やかになっています。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/20 [moblog]


コメント(0) 

セブンイレブン スムージーベリーミックス。 [お買い物]

dispImage.jpg

スムージーベリーミックス
184円(税込198円)
販売地域全国
ベリー特有の甘味、酸味、渋味とフルーティーな香りを生かし、にんじんを配合したスムージーです。紫にんじんとにんじんでスムージー特有のとろっとした食感に仕上げました。砂糖、甘味料、香料などは使用せず、野菜と果物本来の美味しさを引き出しました。

塩分制限中のため、
お昼ご飯難民になりまして。

カップスープとかカップ麺とか、
コンビニご飯とかは塩分が多い。
すると必然的に夕食にしわ寄せが。

朝昼晩とちゃんと作れるならいいけど、
朝は飲み物だけだから良いとして、
昼と夜だけで塩分を減らすとなると、
料理が趣味の私にとって、
作り置きの惣菜が薄味になると日持ちしないし、
食べる楽しみがなくなっちゃう。

と言うことで約1ヶ月昼飯抜き。
で、たどり着いたのがこれ。

果物、野菜、食物繊維が簡単に摂取できて、
手軽で美味しい。
野菜ジュースは嫌いだけど、
ベリーミックスなので大丈夫。

もう面倒臭くて飯喰うのやめれば、
塩分もなにもかも摂取しないから良いじゃんと思ったけど、
そういうわけにもいかないしねw。

コメント(0) 

ブルーベリー。 [お買い物]

DSCF2725-s.jpg

地場産。

けっこう美味しくて一気食いw。

なんとなく幸せ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/18 [moblog]


コメント(0) 

ゼブラナス。 [料理]

DSCF2727-s.jpg

オクラの肉巻きと、
ゼブラナスのステーキ。

生のオクラにお肉を巻いて焼いて、
最後にめんつゆでジュッと味付け。
ナスは縦に7~8mmの厚さに切って、
オリーブオイルで焼いて塩胡椒、
皿に取ったら醒めないうちにレモン汁。

このゼブラナスが絶品。
012.jpg
イタリアのナスなんですが、
わいわい市で少量だけど出るので、
見つけたら即買い。
ステーキにするとナスの甘みがもう絶品。

トマトもそうだけど、
イタリア原産の種類は加熱すると美味いです。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/17 [moblog]


コメント(0) 

「ランド・オブ・ザ・デッド」 [ストリーミング]


ランド・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

ランド・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray


内容(「Oricon」データベースより)
鬼才ジョージ・A・ロメロ監督が放つホラー・アクション。一人の黒人ゾンビにより、武器を使い始めるなどの進化を見せるゾンビたちと、人間たちの壮絶なサバイバル・バトルを描く。サイモン・ベイカー、ジョン・レグイザモほか出演。

高橋ヨシキさんと町山智浩さんによって、
自分の趣味が映画秘宝にどんどん寄っていくw。
いや、もともと別にゾンビ映画嫌いじゃないし。
ただ劇場で観たいとは思わないし、
基本的にはそれほど深い意味とか求めていなかったし。

でもヨシキさんがこの映画を「シネマ・ストリップ」で取り上げて、
俄然観る気になっちゃったのが運の尽き。
Amazonビデオで観られちゃったのがどん詰まりw。

所謂フラフラと歩き回る、
なんの能もないゾンビじゃございません。
この作品のゾンビは人間時代の記憶を残していて、
道具も銃も使いこなします。
そういう意味では正統派ではない。
そう、この映画はゾンビの存在があって、
貧民街があって富裕層があってと言う、
ある意味階級闘争の映画なのである。
ゾンビは言葉を発しないけれど、
その行動には「俺たちにも生きる場所を寄こせ」という主張が。
もっとも人間を喰らい尽くしたらどうなるのか、
そこまでは考えていないだろうけど。
おまけに相も変わらず富裕層のトップに立つデニス・ホッパー、
根性の悪い金持ちを怪演しております。
ジョン・レグイザモも好演。

スプラッター映画には違いないので、
ゾンビそのものが苦手な人にはお勧めしないけれど、
格差社会と階級闘争を描いた映画としても凡庸だけど、
その設定が面白いので、
ロメロのゾンビ映画として、
これはこれで異色の出来として評価できる。

個人的にはけっこう気に入ったので、
ロメロ作品をちょっと遡りたくなった。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/16 [moblog]


コメント(0) 

「マチェーテ・キルズ 」 [ストリーミング]


マチェーテ・キルズ スペシャル・プライス [Blu-ray]

マチェーテ・キルズ スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


【ストーリー】マチェーテ(ダニー・トレホ)は、アメリカ大統領(カルロス・エステベス=チャーリー・シーン)から依頼を受ける。それは、
メキシコのイカれた男“マッドマン”(デミアン・ビチル)を倒してほしいというものだった。しかし、彼は一筋縄ではいかない多重人格者
の狂人。マッドマンの心臓とミサイルの発射は連動しており、万一、心臓が止まれば、ミサイルがワシントンを壊滅するように
なっていた。唯一解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズ(メル・ギブソン)だけ。しかし彼もまた、宇宙からの攻撃をしかけ、
地球を混乱に陥れようとしていた・・・果たしてマチェーテは世界を救えるか!?

やっと観られたw。
なんだかんだで後回しになっていて、
大好きなロド君とダニー・トレホ、
観られて大満足w。

しかしすごいことになったものだ。
もはやギャグとしか思えないメル・ギブソンの存在といい勝負。
ばかばかしいといえばそれまでだけど、
それが楽しんだから仕方がない。
というか、
ロド君ならではの笑っちゃうほどのやりすぎ満載。
「どうせやるならここまでやれよ」という、
ロド君の素晴らしいサービス精神とエンタテインメント。
「トゥルーライズ」の時のキャメロン同様、
「エンタテインメントはここまで突き抜けてこそだぜ」という、
ほくそ笑む顔が見える気がする。

びゅんびゅん首が飛ぶし、
腕も足もばっさりw。
でも笑っちゃう。

こういう意味もない楽しい映画、
けっこう気晴らしにはいいと思うんだけど、
「この映画は何を言いたいんだ?」みたいな人はだめだろうなぁ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/15 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF2713-s.jpg

DSCF2714-s.jpg

この薄紅色のバラが素晴らしい香りで。

全部で300円也。
週半ばまでもってくれれば御の字。

コメント(0) 
前の20件 | -

- 人生は四十七から -