So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

Twitterまとめ投稿 2018/05/20 [moblog]


コメント(0) 

「ブリッジ・オブ・スパイ」 [ストリーミング]


ブリッジ・オブ・スパイ [Blu-ray]

ブリッジ・オブ・スパイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


<ストーリー>
アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代。ジム・ドノヴァンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕らえられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げることだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできた男が、米ソの戦争を食い止めるために全力で不可能に立ち向かっていく!

公開当時から観たいと思いながら、
今の今まで延び延びになっていた作品。
重くて長い映画を観るからには、
それなりの時間と覚悟と体力が必要でして。

その意味では主人公ドノヴァンもまた、
途轍もない時間と覚悟と体力と緊張を強いられて、
本来の弁護士とは違う交渉にあたったわけで、
その中で弁護士らしい交渉を成し遂げたのは、
彼が純然たる民間人であったからで、
国に忠誠を誓った体制側の人間なら、
当然こう言う結果は得られなかっただろう。
特に西ドイツに入ってからの緊張感は、
大戦の傷跡を大きく残す東ドイツと、
復興へ着実に歩んでいる西ドイツの対比からも感じられる。
何よりも時あたかもベルリンの壁が作られているさなかで、
東西ドイツを行き来するために乗車した列車、
その車窓から目撃した現実は、
ドノヴァンのその後の人生にも影響を与えただろう。
日常に戻って通勤列車からの車窓から見る風景との違いは、
彼がとんでもないところにいた証明に他ならない。

この作品がポリティカルスリラーとして一級品なのは確かだが、
それ以上に人間関係という意味で、
ソビエトのスパイとして捉えられて、
ドノヴァンが弁護することとなったアベルとの信頼関係は興味深い。
もとよりスパイとして捉えられれば待っているのは死刑。
おざなりに弁護をすれば良いだけのはずが、
ドノヴァンは弁護士として誠意を持って弁護する。
そしてアベルが死刑にならないように取り計らう。
それがとりもなおさず彼を交渉に引き込む原因なのだが、
二人が接見を通して、
次第に人間性を理解して心通わせていく様が静かに進む。
そして運命の橋の上で、
アベルは総てをドノヴァンに託す。
アベルはドノヴァンに感謝の印を託したことを伝えて橋を渡る。
そして連れ去られるアベルを最後まで見送りながら、
ドノヴァンは絶望的な気持ちも持ったことだろう。
しかし・・・。
その後のことはテロップで語られる。

つくづくスピルバーグという人は職人だなぁと。
実に地味なドラマなのに、
過去のとんでもない事実にスポットライトを当て、
2時間半退屈させずに見せる力は、
やはりさすがとしか言いようがない。

冷戦は終わったとは言え、
まだまだ世界は流動的であり、
今もまたこのときにも動き続けている。
しかし世界を動かしているのは紛れもなく人間であり、
過去にはこんなこともあったのだと言うこと、
人間だからこそかなえられた救いもあったのだと言うこと、
そのことを信じて生きていきたいと思わされる。
そんな映画だったと思う。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/19 [moblog]


コメント(0) 

「キングコング:髑髏島の巨神」 [映画]


キングコング:髑髏島の巨神 [Blu-ray]

キングコング:髑髏島の巨神 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


内容紹介
『GODZILLA ゴジラ』の製作チームが贈る、
最凶・最強・最恐―最大の王、究極のモンスター降臨!
この島で、人類は最弱。​
それは簡単な任務のはずだった…。
舞台は、神話の中にだけ存在するとされた謎の島、髑髏島(ドクロトウ)。未知の生物を求め調査遠征隊が潜入するが、島に着くやいなや、状況は一変する。島の至るところに、骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡。そこは人が決して足を踏み入れてはいけない場所だった…。
そして遂にその姿を現す、巨大なる王キングコング。そして次々と現れる、正体不明の巨大モンスターたちに人間は為す術もなく、逃げ惑うのみ。
髑髏島の秘密とは−。果たしてコングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのかー。人類は生きて、この島から脱出できるのか−。

しかしサミュエル・L・ジャクソンって仕事選ばねーなw。
ってなことは別にして、
とりあえずこの手の巨大生物ものとしては、
フツーに楽しめる。
全然情報を入れていなかったので、
まさか古代生物の巣窟で、
原住民までいて、
凶暴な巨大生物から彼らを守っているのがキングコングとは、
想像もしていなかったけれど。
怪獣特撮映画が好きな人には、
それなりに充分な作り。

しかし。

エンドロールで映像を止めたりしちゃダメよ。
その後にお楽しみが待っているから。
特に東宝特撮ものが好きな人は、
絶対に最後まで見続けること。
「エンドロールなげぇなぁ」と思っても、
根を上げちゃダメですぜw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/18 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF3099-s.jpg

DSCF3100-s.jpg

トルコキキョウとナデシコ。

芍薬の華やかさとは違う可憐さ。

考えてみると、
毎週毎週で気がつかなかったけど、
華やかな花と地味な花を週替わりにしているかも。

コメント(1) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/17 [moblog]


コメント(0) 

「ひとごろし」 [ストリーミング]


ひとごろし [DVD]

ひとごろし [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD


内容(「Oricon」データベースより)
藩主の可愛がっていた御側小姓を斬った剣豪を、藩主に代って討つ「上意討ち」を命じられた越前福井藩きっての臆病者、双子六兵衛は、奇抜な作戦で剣豪に向かって行く…。山本周五郎の時代小説を松田優作の主演で映画化した異色の時代劇。

NHKラジオ「すっぴん!」の金曜名物、
「春日太一の金曜映画劇場」で紹介されて、
即飛びついた。
1976年の制作で犬が怖くて武芸もからっきし、
余りにも情けない評判が立ちすぎて妹の縁談も来ない。
そんな武士を松田優作が演じる。
この年代はまだ松田優作に飄々としたファンキーな面を、
前面に押し出した作品はなかった。
有名な作品ではないので、
細かい部分はわからないが、
この主人公に松田優作を配したのは先見の明。
そしていかにも強そうな剣客に丹波哲郎。
この二人の対比だけでもう画がすごくなる。
大きな身体と長い手足を折りたたむように、
卑屈に臆病者を演じる松田優作、
堂々とした風格を称えて剣豪を演じる丹波哲郎。
その二人の勝負はもう見えている。
いくら妹のための上意討ち志願とは言え、
まともに向かっては勝ち目はない。
そこで松田優作演じる六兵衛が考えた奇策とは・・・。

最近古い映画、
比較的時間が短い映画を観ることが多いのだが、
ものすごく感心するのは脚本と編集の出来である。
無駄を徹底的に省いて、
それでいて肝になるところは逃さない。
最近の映画にありがちな、
「どうだすごいだろう」的特撮の長回しもないし、
感情面のぶつかり合いを表現するような長回しもない。
感情も行動もガツンとぶつかって、
即理解するかのような阿吽の呼吸とも言うべき、
スパッと場面が切り替わっていく。
何しろこの映画はわずか1時間20分程度なのだ。
最近の映画はどうも説明描写や台詞が多すぎる。
短い映画に特徴的なのは、
観客側に想像という余白を残すことだろう。
それが面白いと思うか、
「何が言いたいのかわからない」と思うのかは、
好みの問題かも知れないが。

こんなコアな映画がAmazonで即観られるのだから、
本当に良い時代である。
「家族ゲーム」「探偵物語」に通じる、
松田優作の萌芽が観られる希有な作品であり、
次第に追い詰められ憔悴する丹波の姿も観られる、
そして何よりも面白いというのが一番。
絶対に観て損はしない。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/16 [moblog]


コメント(0) 

桜の盆栽。 [雑感]

DSCF3102-s.jpg

すっかり葉桜ですわ。
葉っぱの形がソメイヨシノより細長い。

秋には紅葉も楽しめるかなー。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/15 [moblog]


コメント(0) 

ハナタバコの植え替え。 [休日]

DSCF3107-s.jpg

種が落ちたところから咲いたから、
プランターの端っこで、
かつベランダの端っこで咲いていて、
可哀相になったので、
ちゃんとしたプランターに植え替え。

こう言う花が一番強くて、
長く楽しませてくれるから好き。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/14 [moblog]


コメント(0) 

映画を良い音で観たい! [デジモノ]




【特長】
● スリムなサウンドバーで手軽にテレビの前に置いて楽しむことができ、4K・HDR映像伝送のHDMI端子も搭載
● バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual: X」に世界で初めて対応し、高さ方向のバーチャル音場も実現
● Bluetoothに対応し、スマートフォンなどからの音楽再生や専用アプリケーションによる操作等が可能
【仕様】
● 外形寸法(幅×高さ×奥行): 890W×53H×131Dmm、890W×131H×62Dmm(壁掛け設置、スペーサー含む)
● 質量: 3.4kg
● 付属品: リモコン、光ケーブル(1.5m)1本、電源コード、壁掛け取付用テンプレート、壁掛け取付用スペーサー2ヶ、取扱説明書

Amazon echoがやってきてから、
Amazonプライムで観る映画はechoからの音で非常に快適。
「バーフバリ」なんて大音響で、
盛り上がる盛り上がるw。

で、ここ数年気にしないようにしてきた、
レコーダー、プレイヤーで観る映画の音のしょぼさ、
こうなるとがぜん気になりだして。
で、簡単に接続できるサウンドバーが欲しいなと。
調べたらこれば価格がピンキリ。
ま、オーディオは全てにおいて価格がピンキリなんだけど。

で、調べていったらYAS-107が費用対効果が高いと。

しかしなぁ、
設置スペースの問題とか、
今月な何かと物入りだったりとか、
すぐに購入する気にもなれないし。

そもそも昔はTVとオーディオアンプと、
アナログケーブルでつないで、

波動スピーカー MS1001-M

波動スピーカー MS1001-M

  • 出版社/メーカー: エムズシステム
  • メディア: エレクトロニクス


このスピーカーの音で楽しんでいたのだけれど、
先代のTVである24B5にした時から、
インターフェースが足りなくて、
「もう面倒くさいからいいや」と。

サウンドバーのスペックとか、
インターフェースを調べているときにふと思い出した。
「あれ?今のTVって光デジタル出力あったよなぁ」と。
そしてケーブルも確かあったはず。
それなら今のシステムにケーブル1本でつなげるじゃん。
映画観るたびにアンプの電源入れるのは面倒だけどw。
最近はCDもすぐにiTunesに取り込んじゃって、
CDを聴くことを少なくなって、
おまけにうちのCDアンプの売りだったradiko再生も、
PCでもechoでもできるから使っていないし、
出力をLINE OUTに固定しても問題ないから、
リモコンでスイッチ入れればいいだけだからいいか。

で、家探しw。
AV関係のケーブルを突っ込んである箱を、
数年ぶりに引っ張り出す。
だって昔は複数必要だったけど、
今はHDMIケーブルでほとんどがすんじゃうし、
その箱の存在すらうろ覚えだったw。
出るわ出るわ、
アナログ用のケーブルがうじゃうじゃと。
もう使うことはないだろうから、
最小限のものだけ残して残りは廃棄。
そして出てきた光デジタルケーブル。

TVとアンプを接続して終了。
試しにTV音声をレコーダーから出力したら、
やっぱりすごい迫力だったw。

ということで、
今回は出費なしで解決。
これでレコーダーで再生する映画も、
快適に迫力満点で楽しめるようになった。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/13 [moblog]


コメント(0) 

「大アマゾンの半魚人」 [DVD・Blu-ray]


大アマゾンの半魚人 [DVD]

大アマゾンの半魚人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ジャック・アーノルド監督によるモンスターホラー。アマゾン密林地帯で発見された、手に水掻きの付いた奇妙な化石を調査すべく現地へ赴いた探検隊。彼らを待ち受けていたのは、異様な姿の半魚人だった。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

3月4月と体調が悪くて、
アカデミー関係作品を全く観られず、
「シェイプ・オブ・ウォーター」を観られなかったので、
こっちを観てしまえと。

65年前にこれほどの造形で、
素晴らしいクリチャーが存在したことに驚き。
ストーリーは「美女と野獣」みたいなもので、
東宝特撮映画のパターンとさほど変わらず。
この作品はストーリーよりも、
水中撮影の美しさと、
クリチャーの素晴らしさを味わうべき。

ギレルモ・デル・トロ監督は、
この作品で愛されなかったクリチャーに、
愛を与えたいと思ったのだろうなと。
そして彼を愛するイライザが言葉を持たない意味は、
そこに言葉の存在が必要ないからだけではなくて、
彼女が○○○のオマージュだからなんだろうなと。
観てもいない映画のストーリーに思いをはせるw。

この当時量産された、
回帰ホラー映画と同等に思われるだろうが、
この作品はちょっと趣が違う。
クリチャーの恐怖よりも、
水中での美しい動きが勝る。
殺気まで作業着を着ていた女性が、
突然カジュアルな服装になっているのも、
その後の展開に必要なので目をつぶろうw。
細かいことに四の五の言わず、
映像美を楽しむ作品。

Blu-ray買っておけば良かったかもw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/12 [moblog]


コメント(0) 

「裏切りのサーカス」 [ストリーミング]


裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray]

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


内容紹介
第84回アカデミー賞3部門ノミネート!!〈主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)、脚色賞、作曲賞〉
元MI6諜報員にして、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレが描く、リアル。
英国ミステリーの歴史に燦然と輝く傑作、完全映画化!!

■静かに、そして熱く突きつけられる〈リアル〉に世界が唸った。アカデミー賞主演男優賞ほか3部門ノミネート!世界の賞レースを制した傑作!!
■元MI6諜報員にして、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレ最高傑作!実在の事件を基に描かれた`スパイ小説の金字塔'を完全映画化!!
■ゲイリー・オールドマン、コリン・ファースetc…英国最高峰の名優たちが魅せる圧巻の競演!!
■世界的なファッションデザイナー「ポール・スミス」が特別協力!!

【ストーリー】東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。 ある策略により、
英国諜報部<サーカス>を去ることとなった老スパイ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)の元に、困難な任務が下される。 それは、
長年に渡り組織の幹部に潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>を捜し出すこと。 標的は組織幹部の4人、<ティンカー(鋳掛け屋)、
テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)>。 過去の記録を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。
浮かび上がるソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>、そしてかつての宿敵、ソ連のスパイ<カーラ>の影。やがて彼が見いだす
意外な裏切者の正体とは―。

ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化。
「裏切りのサーカス」って邦題どうなのよって、
昔から思っていたけど、
小説を読んでいないので映画を観てよくわかった。
安直すぎるけどね。

もろに私の大好きなイギリス映画。
俳優も雰囲気も背景も、
イギリスじゃなければ作り出せない世界。
これを途轍もなくバカバカしくすると、
「キングス万」世界になるというw。
ただしキレッキレののアクションは皆無。
終始頭脳戦の地味な映画。
良い映画だけど、
アメリカ的な派手さがないから、
観る人を選ぶだろうと思う。
途中で寝ちゃう人もいるだろうし。

内容は紹介されているとおりなので、
中身に触れると危険w。
見所は静かにしつこく追い詰めていくゲイリー・オールドマン。
地道に過去と現在を結びつける裏取りをしながら、
浮かび上がってくる現実を、
静かに冷静に受け止めるところが最高。
こう言う静かな緊迫感、
ひたすら派手なアクションとハッピーエンドを求める、
ハリウッド映画ではあり得ない素晴らしさ。
冷戦下のイギリス諸国が舞台なので、
古いヨーロッパ車を堪能できるのもとてもよろしい。

実は数年前に観ようと思ってレンタルして、
偶々タイミングが悪くて、
とりあえずダビングしておいたのだけど放置。
今回この手の作品を観るのに、
精神的にも肉体的にも充分な用意ができたので。

地味でありながら見所たっぷり。
最後の最後に見せる、
男の友情、愛情にガツンとくる。

いやぁ名作ですわ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2018/05/11 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF3094-s.jpg

DSCF3097-s.jpg

芍薬が盛り。
お天気も爽やかで、
花にも一番良い季節。

先週のような野の花も良いけど、
花は花らしい華やかさが良いなぁ。
特にその季節にしか愉しめないものが。

コメント(0) 
前の20件 | -

- 人生は四十七から -