So-net無料ブログ作成

プルームテック入手。 [お買い物]

IMG_1028 (1).jpg

JTの電子タバコです。
福岡から先行発売で次が東京。
今現在それ以外に在住している場合、
本体もたばこカプセルも、
専用サイトから購入するしかありません。
でも圧倒的に数が足りないらしく、
ずっと抽選販売。
そして抽選販売に外れ続けて、
抽選販売で買えなかった人を対象に優先販売をすることになり、
やっと入手できました。

なぜ電子タバコを購入したかといえば、
圧倒的な理由は「煙」です。
とにかくにおい、家が汚れる。
そしてなぜプルームテックかといえば、
圧倒的に「コンパクト」だから。
他のは充電器とかでかくて、
持ち歩くのには不便そうなので。
「じゃあタバコやめればいいじゃん」といわれても、
なにせニコチン中毒なもので。
一度は禁煙外来に通ってやめたんだけど、
あまりのストレスに復活しちゃったし。

使ってみた感想。
やっぱり電子タバコは本体が重いので、
くわえたばこができないw。
つまり「ながら吸い」が絶対にできない。
でもなかなかちゃんと「タバコを吸っている」感があって、
充分に満足できるものになっています。
紙たばこよりも不純物がないので、
タバコのおいしさが直接味わえる気がします。
そして何より水蒸気しか出ないので、
においがまったくない。
これは一番大きなメリット。
何しろタバコ吸ったら一発で反応する空気清浄機が反応しない。
当然ヤニで家が汚れることもない。
ただくわえたばこができないと、
車の中で吸うにはちょっと不便。
もっとも火を使っていないので、
いつでも吸うのをやめることもできるし、
そういう意味では普通のタバコみたいに、
吸い始めたらすぐに消すのはもったいないという感覚もない。

要するにこれまたいろいろなものと一緒で、
「慣れ」の問題だと思います。
PCやりながら運転しながらくわえたばこをしていたのを、
一切やめられるきっかけになるかも。

一番の問題はまだ東京都内に行かないと、
カプセルを直接購入ができないこと。
今はサイトから購入するしかなくて、
かつ送料がかかってしまう。
毎日都内に通勤したり在住している人はともかく、
けっこうこれが難点かも。

ともあれしばらく吸い続けてみて、
自分のライフスタイルを合わせていくことを考えようと。
禁煙していた時もあるんだから、
とりあえずニコチン摂取道具としてそれほど不満はないので、
「慣れ」で乗り切って変えていければと思っています。

コメント(2) 

コメント 2

SGW

おはようございます。
喫煙再開していたとは知りませんでした。
プルームテックは知りませんでしたが、吸い込む成分はニコチンと水蒸気だけなので、ニコチン依存症のニコチン切れを解消しつつ、タールなどの発癌物質は含まれないといういいとこどりなのでしょうか。
禁煙治療に使われているニコチンガムやニコチンパッチに近いように感じました。
プルームテックのカプセルのニコチン濃度をだんだん減らしていって禁煙するという治療薬にすれば、ガムやパッチよりも成功率が上がるような気もします。
そもそも、たばこにはいろいろな銘柄があり、それぞれ味が違うのはニコチン以外の成分によるのだと思います。ニコチンだけ吸っておいしいのでしょうか(素朴な疑問として)。
私はアルコール依存症ですが、純エチルアルコールを飲みたいとは思いません(戦争中には酒を入手できなくて、メチルアルコールを飲んで失明した人がいたらしいですが)。同じアルコール5%でも、金麦よりアサヒスーパードライの方が格段に旨いのは間違いないです。
たばこと酒は違うのかもしれませんが、煙の出るたばこを吸えないところではニコチン切れを補うためにプルームテック、喫煙できるところでは従来のたばこという使い方が現実的ではないかという気がします。
by SGW (2017-11-12 09:11) 

KEY

おはようございます。コメントありがとうございます。
仰るとおり、これは一つの禁煙のための道具にもなり得ると思います。電子タバコならではの不便さもあり、100%これだけで補えるものではないだけに、併用することも多いのですが、「燃やす」ということがない分だけ喉への負担も小さく、またいつでも吸ったり止めたりできる利点はなかなかのものです。逆に面倒臭いから喫煙回数が減るということもありそうな。
依存症は厄介なもので、「あの感覚」を脳から消去できない限りなかなか断ち切れないものです。
ただ世間の流れが紙タバコから電子タバコに流れているのも確かで、財務省がそこに目をつけて増税すると言いだしていることからも、この流れは止まらない証拠だと思います。ニコチン摂取は決して良いことではありませんが、少なくとも紙タバコよりは身体への害は少ないと思っています。
by KEY (2017-11-12 10:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

- 人生は四十七から -