So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2017/03/31 [moblog]


コメント(0) 

「シン・ゴジラ」 [DVD]


シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



劇場で観たときは、
敢えて事前情報を仕入れないようにして、
純粋に楽しもうと思って観たし、
実は何度か観に行く予定だった。

ゆえにまさかの政治的軍事的なシーンの多さについて行かれず、
「なんだよ、これで終わり?」
ゴジラの変態に度肝を抜かれつつも、
実はけっこう消化不良状態。
その後熱中症になって、
結果的に一度しか観ていなかったので、
「どうせ1年経てばWOWOWとかで観られるし」
そう思いながらも、
けっきょく発売日に購入。

やはりこの映画は何度も観ないと面白味がわからない。
政治的な取引や、
軍事オタクが喜びそうな武器の登場とか、
いろんなところに登場する豪華な俳優陣とか、
案外劇場じゃないところで、
じっくりと鑑賞するのもあり。

一度目には衝撃で受け止めきれなかったものが、
冷静に何度も観ているうちに、
「新しいゴジラ」の存在も受け入れられる。

さて続編ありきのこの作品、
これからどうなって行くのか、
それもまた楽しみの一つ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/30 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF2460-s.jpg

DSCF2463-s.jpg

今週はバラを購入。

深紅のスプレーバラと薄黄色のスプレーバラ。

季節に関係なく、
バラはやはり花の女王。
例えスプレーバラでも華やぐから不思議。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/29 [moblog]


コメント(0) 

X1Carbon タッチパッド交換。 [PC]

愛機X1Carbonのタッチパッド、
左クリックの感覚がおかしくなり始めたのが1ヶ月ほど前。
今まで多くのThinkPadを使ってきたけれど、
クリックキーの不具合は初めて。
調べてみると、
キーの下にあるゴムの劣化が疑われる。
人によっては使わなくなったThinkPadから取り出して移植。
ゴムだけで復活するらしい。

しかし私の手元にあるのは、
永久保存の名機と実際に使う機種。
日に日に使い勝手は悪化。
もはや毎日の作業が苦痛でストレス。

DSCF2465-s.jpg

写真じゃわかりにくいけれど、
センターボタン付近の左ボタンが少し下がっている。

そんなときにAmazonでも買えることを発見。
即刻注文。
翌日には手元に。

DSCF2467-s.jpg

IBM時代と違って送料無料でパーツ出ししてくれないので、
こういうときに頼れるのはやはりAmazon。

到着した翌日、
朝から通院2件があったため、
何とか夕方にやることが終わり腑分けに着手。

DSCF2475-s.jpg

裏を外すと早速登場の基盤。

DSCF2477-s.jpg

タッチパッドがある部分のカバーを外せば後は簡単。

DSCF2479-s.jpg

因みに外すとこんな感じ。

新しいタッチパッドをはめ込んで、
電源を挿し直して元通りにパーツをはめていけば終了。

DSCF2481-s.jpg

見た目には何も変わらないけれど、
クリック感復活。

古い方に関しては、
バラしたときに誇りの塊を出てきたので、
それも影響していたかも。
ただゴムのへたりはあるようなので、
使えるかはともかくとして、
クリック感はそれほど悪くないので、
とりあえずは保管。

会社が変わっても、
ThinkPadは自分でばらせるし、
相変わらず保守マニュアルも公開しているし、
やっぱり他社には変えられないなぁ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/28 [moblog]


コメント(0) 

「今夜もカネで解決だ」 [本]


今夜もカネで解決だ

今夜もカネで解決だ

  • 作者: ジェーン・スー
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/03/21
  • メディア: 単行本


内容紹介
「女性版『孤独のグルメ』マッサージ編。日本のすべての働く女性、必読の書です。」
――歌手・野宮真貴

稼いで、疲れて、使って、稼ぐ――。
著者自身が「いったい幾ら使ったんだ。」と途方に暮れるほどのマッサージ遍歴と、
体を預ける一期一会のセラピストたちの心持ちや技術への感謝や敬意、
同じ働く女性としての共感がこめられた、現代社会を洞察する一冊。
AERA人気連載の書籍化。
女には痩せて見えねばならぬ日がある/魔法の言葉はホットストン/イケメンは苦手/まるで削りたてのパルミジャーノレッジャーノ/自腹だからこそ、ご褒美は耽美。/この同意書には同意できません……他
内容(「BOOK」データベースより)
リンパドレナージュ/ヒノキ酵素風呂/ヨモギ蒸し/ダイエット鍼/岩盤浴/カイロプラクティック/ドイツ式フットケア/生姜温熱療法/ヘッドスパ/ハワイアンロミロミ…セレブサロンの美魔女に超絶技巧の姑娘。誰かに触れてもらうことで癒される体と心がここにある。いざ行かん、地上の楽園へ!疲れた体と凹んだ心を抱え、今日も街を彷徨う。ジェーン・スーの読むマッサージ!・

そりゃまぁ都心に住んでいるわけじゃなし、
スーさんのように仕事しているわけでも、
稼いでいるわけでもなし。
細々と稼いで、
自分の好きなものを適当に買って、
ちょっと今まずい状況になっているけれどw。

「健康はカネで買え」
実はこれ、
20代のころ今よりももっと働いていて、
もっと稼いでいた頃の自分への言い訳。
まだまだ身体は若かったので、
身体がこったりはしなかったけれど、
一日中立ち仕事で足は棒のよう、
満員のJR東海道線に乗る元気なんかどこにもない。
そんなときは贅沢にもグリーン車に乗って帰るのです。
50代となった今は、
精神と首に障害を抱え、
ずっとPCに向かって仕事をしているので、
週末には首と身体がパンパン。
整骨院で全身をほぐしてもらうのがせいぜいだけど、
保険を使っているので月に2,000円程度の贅沢。
それでも疲れが取れなくて脳に来たときには、
保険は使えないけれど酸素カプセルとマッサージ。
合計で3,000円ほどの贅沢。
この20年以上の間に、
二度も全身麻酔の手術も受けたし、
ガンの宣告も受けたし、
もう今できることは「健康はカネで買え」だけ。

で、この本でスーさんがやっているような、
贅沢なマッサージには通えないけれど、
彼女が書いていることで非常に良くわかるのは、
「人に施術してもらうことの至福」。
そりゃまぁ私もハンディマッサージ器を買ったこともあるし、
低周波治療器も使ってきました。
だけど人の手による施術ほど良いものはない。
これは断言できます。
そもそもの始まりは首の関節がおかしくなって、
左腕が痛くて動かなくなったこと。
運良く言い整形外科医に当たったので、
大元が首にあるとわかって、
半年ほど神経ブロック、けん引、マッサージに通いました。
このときにわかったんですよ。
「ああ、人の手によるマッサージは最高だ。」

今の整骨院に通い始めて10年近く、
先生は何もかも知り尽くしていて、
最初に電気をかけるときの様子から判断して、
その日その日のマッサージを変化させます。
おかげで帰路につく頃には、
全身血行が良くなって眠いことw。

スーさんは取材のためもあって、
いろいろなところに通っていますけど、
一人の施術者に長くやってもらうと、
細かい説明は一切不要になります。

もちろんカラオケでストレス解消できる人もいるでしょうし、
買い物三昧でストレス解消もできるでしょう。
しかし働く中年女にとって大事なのは、
人の手による施術によって、
心も身体もこりをほぐしてもらうことです。
「手当」という言葉は、
本当に手を当てることで傷を治すことから来ているそうな。
人の身体には人の手当。
深夜手当だの残業手当だのよりも、
人の温かい手による手当は何よりの報酬。

もっともそれじゃ解決できないほど、
私の場合毎日ストレッサーといるが故、
限界を超えて少々休暇をいただくこととなりそうですw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/27 [moblog]


コメント(0) 

初物。 [料理]

DSCF2474-s.jpg

初物の筍を煮ました。
本当に本当の初物。
もちろんこの地域でと言う意味。
わいわい市で見つけて即購入。
三陸産の昆布と煮付けて美味。

横には旬の地場産いちご。
小粒で安いけど味は充分。

春なんだか冬なんだかわからない気温だけれど、
季節は食べ物は確実に春ですなぁ。

コメント(0) 

- 人生は四十七から -