So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2017/04/03 [moblog]


コメント(0) 

一ヶ月休養。 [うつ病関連]

ここのTwitterの呟きを読んでくれていた方は、
おそらく想像がついていたと思いますが、
精神状態が著しく悪化しまして。

もうしばらく前からダメだとは思っていたけれど、
脳からアンテナがビンビン立ちまくって、
些細な言動や出来事が総て感情に突き刺さる。

外からの情報を遮断したくて、
会社でもイヤフォンをしながら仕事をしていたら、
さすがの同僚も癇に障る事となり、
ボスから注意を受けまして。
もう面倒臭いので精神障害者であることをカミングアウト。

その日はそれで良かったけれど、
そこからが地獄。
同僚がいない日を見計らって、
ボスが自分の知り合いのひきこもりの人にかこつけて、
「あなたの場合はどうなの?」
「どうしてそういう感じになるの?」
要するに「どうしてキチガイになったの?」って尋ねているように、
私にはどうしても聞こえてくる。
その時はなんとなく無難に答えていたら、
こういうことをすると図に乗るのがボス。
その後も病気に関する質問攻めは折に触れて続き。

もうね、
まだ治っていない状態でこれをやられると、
かさぶたを無理矢理はがされて塩をすり込まれて手で傷をグチャグチャにされている。
そんな感じなんですよ。

仕事でも人にはわからないところでミスが出始めて、
おまけにリュックを背負わないで出勤。
帰宅時には足に力が入らなくなり、
バスで座り込んで転がって救急車呼ぶかの騒ぎになるは、
帰ってゴミ出しに外に出たら足に力が入らなくて、
道路に大の字で寝転がる始末。
日に日に消耗していくのが同僚にもわかっていて、
「1ヶ月くらい休んだら?」
でも4月はそれなりに忙しいことはわかっている。
「なんとでもなるよ。
 私はできないことは順番にやるだけだから、
 気にしないでイイから休んだ方がイイって。」

そう、多分ここで休まないとまた長期間働けなくなる。

ちょうど通院だったので、
主治医にボスが口にしたことを言った途端、
「普通の会社じゃあり得ませんよ!
 大会社だったら絶対にないことですからね!」
いつになく激しい口調で私に言うじゃありませんか。
「休みましょう。
 もう来週から行かなくてイイです。」
あ、先生さすがにそれは無理です。
休むなら休むで仕事引き継がないと。
「4月一杯という形でイイですか?」
もうそれで充分です。
ボスには悪気はないんですよ。
ただ子供なんで自分の好奇心を抑えられないんです。
それを伝えはしたけれど、
診察が終わるときに、
「本当に子供なのね!」
吐き捨てるように仰っておりました。

そこからがまた大変。

なので続きは後日。

余談。
自分が精神障害者であることを隠して就職したこと自体、
倫理に反している、
雇用主が知るべきことを知らせなかった等の自分の非は認めます。
でも世の中はそれを開示して、
雇用してくれる会社なんてそれほどありません。
自分で生活していくために、
主治医が働いても大丈夫と判断された上で、
パートでならしながらフルタイムの職を得ました。
「総ての原因はあなたが言わなかったこと」
そういうご批判も甘んじてお受けいたします。

コメント(0) 

- 人生は四十七から -