So-net無料ブログ作成

「バッタを倒しにアフリカへ」 [電子書籍]


バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: Kindle版


メディア掲載レビューほか
一発逆転を狙ってモーリタニアに旅立った“バッタ博士"の記録
「大学院を出て、ポスドクとして研究室にいた頃は、安定した職もなく、常に不安に苛まれていました。博識でもなく、誇れるような実績もない。友達と楽しく飲んでいても、トイレにたったときに研究の手を止めた罪悪感に襲われる日々でした。なので、一発逆転を狙おうと」
日本ではスーパーで売っているタコの産地として知られるモーリタニア。バッタ研究者だった前野さんは、思い立って一路モーリタニアへ。このたび、かの地で経験した一部始終を記した『バッタを倒しにアフリカへ』を出版した。
「サバクトビバッタはアフリカで数年に1度大発生し、農作物に大きな被害を与えています。私はこのバッタの研究者なのに、人工的な研究室で飼育実験ばかりしており、野生の姿を見たことがなかった。自然界でのバッタを観察したいという気持ちもありました」
本書は、現地の言葉(フランス語)もわからずに飛び込んだ前野さんの冒険の記録でもある。
「渡航ぎりぎりまで、研究室でバッタを育てていて、フランス語の勉強を後回しにしちゃったんです。もう、とにかく現地に入れさえすれば、なんとかなるという気持ちでしたね。自分も人見知りではないほうでしたが、モーリタニアの人々は、道ゆく人がお互いに話しかける人懐こい人たちで、笑顔をつくる機会が多かったです。ちょっと分からないことがあっても、とりあえず笑顔で押し切りました」
世界的にみても、野生のサバクトビバッタの生態観察は、約40年ぶりになると前野さんは語る。活動が認められ、モーリタニアの高貴なミドルネーム「ウルド(〇〇の子孫)」を現地の上司から授かった。
現地にいってからも、なかなか出会えなかったバッタの大群。ついにまみえると、前野さんは長年の夢をかなえるべく、緑の全身タイツに着替えて仁王立ちに。本書のクライマックスだ。
「子どもの頃に、バッタの大群に女性が襲われ、緑色の服が食べられたという記事を読んで、自分もバッタに包まれてみたいと思っていたんです。今回、バッタにはスルーされましたが、なぜ私の衣装が食べられなかったのかも、ちゃんと調べています。アホかと思われるかもしれませんが、この夢を叶えるためにはバッタの食欲や飛翔、そして群れの動きを予測するための様々な研究が必要です。最終的に、私の頭の悪い夢がアフリカをバッタの食害から救うかもしれません」
評者:「週刊文春」編集部
(週刊文春 2017.07.06号 掲載)

ここまでの書評があれば、
私ごときが何を書こうというのかw。

要するに題名が全てを表しているので、
ある意味「モーリタニア紀行文」的にも読める。
もちろん最終目的は「バッタ被害の防止」なのだが、
何しろモーリタニアに着くなり、
60年ぶりの大乾季が訪れ、
雨がなければ大量発生しないバッタを追いかけるものの、
悲しいことに空振りの年となる。
人生の一発大逆転を狙った割には、
思いがけない不運から始まるのだ。
「学者貧乏」とはよく言ったもので、
昨今はIPS細胞で有名な山中教授でさえ、
「日本は若い人たちの研究環境が整っていない」と嘆く。
今や大学院へ行くことはステイタスでもなんでもなく、
研究者として生きるためには、
自ら多くの論文を書いて研究機関に認めてもらわなければ、
自分の好きな研究を続けることもできないのだ。
日本にいる害虫の撲滅とか研究していれば、
企業のニーズもあろうが、
アフリカで大量発生するバッタを退治するニーズがあるはずもなく、
著者は綱渡りの状態でモーリタニアでのバッタを追う生活を続ける。
余りにバッタに出会えないがゆえに、
どうしても論文を書くためにゴミムシダマシという虫の研究をしてみたり、
そこからの副産物ハリネズミを飼ってみたり、
いろいろと脱線しながらも、
彼は「バッタに食べられること」を最終目標に、
緑の全身タイツをもってバッタを追いかける。

この本がなぜ面白いかといえば、
ひとえに悲壮感がないからだろう。
書く人によっては「だめだ、今年もダメだった」「もう帰りたい」
そうなりかねないような日常なのに、
著者は自分で自分の生活の楽しみを見つけていく。
食事も生活習慣も拒絶することなく、
「郷に入っては郷に従え」式に生きている。
めんつゆで小さな幸せを味わいながらw。
研究者というとストイックなものだと思いがちだが、
著者はそういうものとはちょっと違うところにいる。
まぁ究極の人生の希望が、
「バッタに食べられること」であり、
バッタが好きすぎてバッタアレルギーになったくらいだから、
我々が考える類型的なポスドクの研究者とは違いすぎる。
だからこそこれほどまでに話が面白く、
特に文章がうまいわけでも何でもないが、
最後まで笑いながら感動しながら読んでしまうのだ。

日本の教育費は世界最低レベル。
その中で研究している人たちは非正規職員。
何かが狂っている。
日本だけではなく、
世界的に貢献できる研究であっても、
研究費をもらうのに四苦八苦。
著者は笑わせながら書いているが、
本当のところ、
そういう自分たちを取り巻く環境はアフリカより厳しいといいたいのかもしれない。

コメント(0) 

- 人生は四十七から -