So-net無料ブログ作成

Twitterまとめ投稿 2017/11/06 [moblog]


コメント(0) 

「クリ-ピー 偽りの隣人」 [TV]


クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray


【ストーリー】
犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春奈)の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。
一方、高倉が愛する妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻(最所美咲)と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ主人・西野(香川照之)との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。
2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた・・・。。

初黒沢清映画。
映画館で散々予告編を観て、
「なんだかなぁ」と思っていたのだけれど、
「散歩する侵略者」が話題になっていたので、
ちょっとWOWOWで放送されたのを。

いやぁ、聞きしに勝る不快感。
いきなり登場から香川照之が不快、怪しすぎ。
なんでこんな男に易々と騙されるのか理解不能な妻。
娘と名乗っている女の子の行動も不明。
刑事が単独行動するのもわからない。
こう言う映画が好きな人には、
没頭して観られれば楽しいかも知れないけれど、
そもそもいろんなアラがキニナル人には。
単なる不快むかつき映画。
あの幕切れの後で、
妻はどうなっちゃうんでしょうね。
そういうこと考えると、
全然スッキリしない終わり方だし。

多分黒沢清映画と相性悪いですわ。
「コワイ」というよりは単なる不快。
金払って観ることはないだろうな。

コメント(0) 

- 人生は四十七から -