So-net無料ブログ作成
検索選択

犬に噛まれたら・・・。 [通院]

完全に油断しておりました。

叔母の家のわんこは、
人間の座る椅子でうつらうつらするのが大好き。
16日の夕方、
いつものように寝ていたわんこをなでたら、
思いのほか熟睡していたらしく、
ものすごい勢いで飛び起きてかみつかれました。

右手親指に残る小さな傷。
痛みもそれほどなくて出血も殆どなく、
軽くあらって「ま、大丈夫だろう」と。
いつものようにバンドエイドキズパワーパッドを張ったけど、
翌朝なんの液体も出ていなくてたいしたことないなぁと。

しかし17日夕方。
そろそろ病院も閉まるかというタイミングで、
右手親指が赤く腫れていることに気付きました。
もちろん原因は傷。
即刻洗って、
塞がっている傷周りを爪で圧迫して、
傷口を開けて中から血とリンパ液らしきものを絞り出す。

普段から湿潤療法信奉者の私は、
オキシドールという消毒薬を持っていないので、
それ以上できることもなく、
「明日病院へ行こう」と思っていたところで、
コンタクトレンズの保存液が過酸化水素水であることを思い出しました。
傷へぶっかけると泡が出る出る。
まさかこんなところで役に立つとは。

18日朝、
湿潤療法を採用しているいつもの整形外科に電話。
「骨とか神経はやられていないと思いますが、
 犬に噛まれた傷を診てもらうことはできますか?」
答えはOK。
即刻病院へ向かいました。

受診の時間。
「どうしたの?」
「一昨日の夕方犬に噛まれまして。」
ものすごーくイヤそうな顔をした先生。
「もう傷が乾いちゃっているから、
 あとは抗生物質を飲んでそれが効いて中が化膿しないことを祈るしかないね。」
ええええええええっ!
切開とかして傷をえぐったりしないの?
「ボクが最初変な顔したでしょ?
 一番コワイのは塞がった傷の下で細菌が繁殖することなの。
 噛まれてから6~8時間のうちに処置しないと、
 こわ~いことになるかも知れないのよ。」
「抗生物質出しますから必ずちゃんと飲んで、
 明日また傷を見せに来てちょうだい。」

結果から言うと、
抗生物質の効果があって、
翌日には傷口の赤みも引いて一安心。

傷が小さいからと甘く見てはいけません。
犬の歯はカーブしているので、
深く食い込んでいることが多いから、
見た目は小さくても傷は案外深いし、
雑菌が一杯なので、
犬に噛まれたら即刻病院へ行きましょう。
例え出血がなくても、
案外皮下ではすごいことが起こり始めているようです。

コメント(0) 

逃げるしかない。 [通院]

8日通院日。

前回の通院日から後、
電話であれこれ難癖をつけるボスの事を相談したこともあり、
「先日は電話でいろいろ申し訳ありませんでした。」
「ああ、良いんですよ。よくあることですから。」
精神障害は器質性の病気と違うから、
原因が「これ」と断定もできないし、
「どうすれば治る」と言うことも言えないので、
家族も会社も不安に思うことは確か。

休職後はメールでしかやりとりをしていないので、
最初に主治医がボスと直接話をするとしても、
なぜ問われたことに答えられないかを、
私がまとめて伝えたメール、
復職時の診断書内容に対する指示など、
書かれたボスのメールを持参。

「要求された内容に沿った診断書を書くことは可能だけど、
 状態によっては退職もあり得るってところが引っかかりますね。」
精神状態が不安定で、
不安に苛まれている人間に対して、
普通そこまで書くか?
大抵メンタルヘルスに気を配っている会社なら、
余程の場合を除いて、
「無事復職できるよう待っています」くらいでしょう。

私が電話ではなくてメールという手段を執ったのも、
実はこうした非常識な言動や行動を証拠として残せるからで、
なにより主治医にそのまま提示することも可能だから。

「医者として個人的なことを言うのは本当はなんなんだけど。」
しばしの沈黙の後、
「○○さん、仕事もできるんだし、
 仕事はどうにでもなると思うからもう辞めたらどう?」

私が書いたメールの内容も曲解して、
医者が同席して話をすることを拒否したと思い込んでいるし、
「医師に先生が要望する内容の診断書を依頼するから教えてくれ」と書いたら、
「医師が自分の要望に応えてくれるとは思えない」とか、
やっぱり主治医も尋常ならざるものを感じたのでしょうね。

実はこの1週間、
私もモラルハラスメントについて調べました。
「あなたのすぐに痛がるところが、意地悪な人を引き寄せます。
 あなたのすぐ怖がる態度が、高圧的な人の目にとまるのです。」
そう、私がもっとも触れて欲しくないところがあって、
見えないバリアを張れば張るほど、
敵はそのバリア検知してぶち壊して、
痛がるところをつつくという悪循環。
敵は良心、共感というものを持ち得ないので、
いくら抗議しても理解できない。
そこから逃げる意外に道はない。

とはいえ私にも生活がある。
まさかこんなことになるとは思わなかったので、
夏のボーナス一括で買い物もしちゃっているし、
何より地獄の6~7月に新しい人に教えながら、
やるべき仕事を期限内にこなすのは、
いくら何でも無理がありすぎる。
だから一旦復職して、
8~9月はボスも夏休みでいない時間も多いし、
9月一杯くらいで辞めるのが順当かと。

もっとも4月1日付のメールに「退職もあり得る」の文言があるので、
それを解雇予告通知と捉えれば、
診断書の内容がどうであれ、
ボスの中では4月末日で退職させる気持ちが固まっているのかも知れない。
だとしたら、
こっちの目論見は全く無駄な算段だけど。

この年齢にしてまともな職は見つからないだろうし、
ボスの存在さえなければ、
自由裁量も大きいし条件は申し分ないんだけど、
何しろ大きな会社と違って配置転換も、
上司が替わることもないから、
主治医は「そこから逃げなさい」と言っているわけで。

まだ休み初めて10日にもならないので、
ゆっくり考える時間もあるし、
こちらがもっと鷹揚に、
「バカがまた吠えている」くらいに思えるようになれば、
あと何年かはやり過ごせるかも知れないし、
ボスも今年70歳だから、
そのうち引退するかも知れないし、
結論はとりあえずまた引き延ばすことにしよう。

コメント(0) 

またできちゃった。 [通院]

甲状腺の定期検診。

去年5年を経過して、
定期検診は1年に1度で良くなるかと思ったら、
「まだ半年で。」との指示。
「5年経ってもダメですか?」
そう問いかけると、
「腫瘍マーカーがまだ高いから。」

それから1年。
今回の検診で出ました。
また腺腫様甲状腺腫ができました。
約1cmのものが右に。
しばらく前から右のリンパに異常を感じていたので、
それを訴えたら超音波で確認。
案の定できちゃっていました。

「こういうのは先ず良性だから大丈夫。」
「だけど先生、前回も絶対に良性だって言ったのに、
 病理でガンだってことになっちゃったじゃないですか。」
終始笑いながら会話していたら、
「○○さんの場合は病理じゃなきゃわからないケース。
 1000人に3人あるかないかのケースだから。」
そ、そんなに珍しかったの?
「俺たち医者が何を一番恐れる買って言うと、
 良性か悪性かわからなくて切った場合、
 病理で悪性って出ないことなんだよ。
 そういう場合100%訴訟になるんだよ。
 ○○さんみたいに切ってくれて良かったって言う人は珍しいの。
 乳ガンなんて特に必ず訴えられるの。」
医者の本音を隠すことことなく吐露。
「小さくても悪性が疑われる場合は手術するけど、
 それがなかなか見つからなかったり、
 やっとあったとしても病理で結果が出るまで、
 俺なんかドキドキだよ。
 悪性だって出たから助かったと思ったけどね。」

悪性じゃなきゃそれで良いじゃん。
それで医者を訴えるってどういう社会なんだ?
まぁ乳房はデリケートな問題だけど、
甲状腺くらいだったらそれほどのことじゃないだろうに。

日本も訴訟社会になっているんだなぁ。
弁護士余りの時代で、
過払い金だの未払い残業代だので稼いでいる世の中だから、
いろんな意味でたきつける弁護士もいるのかぁ。

と言うことで、
濾胞ガンについては転移の心配も余りないので、
特に心配はないけれど、
一生この先生とは縁が切れそうにないなぁw。

コメント(0) 

結論として。 [通院]

睡眠時無呼吸症候群ではありませんでした。

若干睡眠時の酸素量が少なめだけど、
睡眠時無呼吸症候群と診断できるほどのものではなく、
それほど深刻に考えるほどのものではなかったです。

安心はしたけれど、
更年期も重なって対超絶不調。

人生も下り坂だし、
その下り坂も急激にやってきているようで、
そろそろ終活しなきゃダメかもね。

コメント(0) 

睡眠時無呼吸症候群簡易検査キット。 [通院]

通院時状況を報告。

常に主治医が気にするのは、
「夜ちゃんと寝られているか」。

寝ていると思うんですよ。
途中1回くらいは目は覚めてもすぐ眠れるし。
朝も怠くても起きられないことはまれだし。

でもね。
もしかしたら睡眠時無呼吸症候群じゃないかと指摘してくれた人がいて、
iPhoneのいびき録音アプリで録音してみたら、
恐ろしいほどにいびきをかいているんです。
無呼吸の瞬間は確認できないんだけど、
かなりの大音量です。

それで「もしかしたら」という話をしてみたら、
「ここでも簡易検査キットは取り寄せられますよ。」
なるほど。
睡眠時無呼吸症候群でうつ状態になる人もいるので、
そこにも対応しているのか、と。

自宅にメーカーから直送されて、
一晩キットをつけて寝てメーカーへ返送。
そこから結果が主治医の元へ送られる。
一晩つけて寝ると、
酸素飽和度とかがわかるらしい。

これっていつやるかが問題かもと思っています。
週の真ん中とかにやると、
疲れていて症状が強く出たり、
週末にリラックスして寝ると、
多少症状が緩和されたりしないのかなぁと。
まぁ精神的なものではなく、
器質的な障害だとしたら関係ないかも知れないけれど。

いずれにしてもそういうことになりました。
精密検査になると入院しなきゃいけないから、
面倒臭いなぁ・・・。

コメント(0) 

筋肉が「タタキ」状態。 [通院]

尾てい骨骨折その後。

余程体重が一点にかからない限り、
激痛を感じることもなくなり、
股関節を広げたりして、
骨盤を動かしてもちょっと響く程度に。

しかし。
それと反比例して、
お尻から尾てい骨の上が痛くなってきた。
「もしかして仙骨とかやっちゃっている?」
不安に駆られて、
休みを取って受診。

「あのね、それは筋肉がタタキ状態なの。」
へっ(゜∇゜ ;)エッ!?
「骨が折れるくらいたたきつけられたわけでしょう?
 だから筋肉がタタキみたいになっちゃっているの。」

頭の中に巡る、
カツオのたたきと鯵のたたきw。
この場合は鯵のたたきが正解(をい)。

「しばらくその痛みも続くからねー。
 じくじくじく、じわじわじわ、
 いや~な痛みが続くのよ。」

一応頓服として鎮痛剤と湿布をもらってきました。

しかし本当に面白い先生だわ。
表現がいちいちわかりやすいというか、
笑えるというか、
しゃべり方もちょっとオネエっぽくて、
最後には笑いながら診察室を出られる。

昔かかりつけだった整形外科、
一応やっているらしいけど、
最近Webサイトもなくなって、
風のうわさでは先生の調子が悪いらしいので、
思い切って前から気になっていたところに行ってみたら、
久しぶりに相性の良い先生発見。
となりの内科の先生も感じが良いし、
見立ても良いからラッキー。
家からクルマで10分くらいかかるんだけど、
具合が悪いときに駐車場がない病院に、
えっちらおっちら歩いて行くのはつらい。
ショッピングモールにある病院侮りがたし。

コメント(0) 

ジーンズが履けない。 [通院]

尾骨骨折で通院。

「どう?」
「もうだいぶ痛みは感じなくなりました。」
「でもまだ痛いでしょ?」

あのさー、
自分ではなるべく忘れようとしているのに、
医者自ら「痛いでしょ?」は勘弁して。゜(゜´Д`゜)゜。

で、無意識にかばっているのか、
お尻の筋肉がこったり、
なんか今ひとつ大股で歩けなかったり、
その影響で股関節が硬くなっていたり、
いろいろ症状はあるんだけど、
一番困ったのはジーンズが履けないこと。

具体的に書くと、
ジーンズの縫い目が座ったときに痛い。
お尻の真ん中の一番生地の厚いところ、
あの部分が尾てい骨直撃。
ゆったりしたジーンズをはけば良いんだろうけど、
生憎そういうものは持ち合わせていない。

なので最近はレギンスばっかり。
カットソーのワイドパンツなら響かないので、
夏のワイドパンツの下にレギンス、
厚手のレギンスにチュニックやワンピース、
スキニーパンツ風のレギンス。

骨折前に「あのジーンズと合わせよう」と思って買った服が台無し。
全然着られないまま秋が過ぎ去っていく。

家ではしょっちゅう座る姿勢を変えれば、
ノープレッシャークッションのお世話にならなくても良くなったけど、
オフィスの椅子は相変わらず凶器。
低反発クッションの上に、
旅行用のネッククッションを置いて座っています。

冷静に振り返れば、
尻餅で尾骨で良かったなぁと。
脊髄でもやっちゃったら、
救急車ものだったし、
打ち所が悪ければ・・・。

でもさぁ、
ジーンズはけない生活って、
私にはかなりつらいのよね。

コメント(0) 

休業。 [通院]

やっちゃってから1週間目、
朝から痛い。
けどもう痛み止めが終わり。
一応安静と言うことになっているけど、
週の半分くらいは出勤していたし、
金曜日は丸一日やっと休めたので、
午後から通院しようと思ったら、
先生の都合で休診。
土曜日は代診の先生なので、
月曜日まで待って通院。
ちなみにこの痛み、
ロキソニンでは全く効かないに等しい。
最後の砦というか、
私のお友達ロキソニンが効かないって・・・。

朝一通院。

「あのー、まだ痛くて。」
「まだ10日だからねー。」
いや、先生、
前回1週間くらいで痛みは引くって言ったじゃん。
「前回ちゃんと確認しないのが悪かったんですけど、
 どの程度仕事とか日常生活で動いて良いですか?」
「歩くのは大丈夫。
 仕事も座り仕事以外なら何とかなると思うけど。」
( ̄△ ̄;)!!まさしく座り仕事なんですけど。
「あのー、事務だから座り仕事なんですけど。」
「じゃあ休業の診断書だそうか。」

「低反発のクッションに座っていても痛いんですね。」
「「低反発は体重を分散するだけだから、
 当たることは当たるから痛いよね。」

けっきょく先週仕事したことで、
長引かせることになったらしい・・・。

と言うことで、
今週いっぱい休み。
熱中症で目一杯休んだし、
本当に今年は厄年だ。

コメント(0) 

尾骨骨折。 [通院]

事の起こりは金曜日の事務所で。

来年のカレンダーが届いて、
他に仕事もなかったので、
でかいカレンダーを床に置いて、
クツを脱いで床にあぐらをかいて座り、
ぐるぐる巻いて袋に入れる。
そんなことを暢気にやっていた朝10時半頃。

同僚が郵便物をとりに外へ出た直後、
ドアをノックする音が。
慌てて立ち上がって出ようとしたときに悲劇は起きた。

クツを脱いでいたので、
靴下でカレンダーを入れるビニールを踏んで滑って、
身体が宙に舞い床にお尻からたたきつけられた。
激痛が身体に走ったけど、
お客さんが来ているから即刻立ち上がる。

もうその時点で「これはまずい」と思っていた。
何しろ足が前に出ない。
痛くて歩幅が狭くないと歩けない。
その後少し痛みはひいたけど、
それは直接打った痛みが引いただけで、
身体の中ではじくじくと痛みが残る。

昼食をとって公園のベンチへ。
木のベンチで激痛。
「もしかしたら」
そう思いながら午後を過ごしていたが、
3時半を過ぎたあたりからかなりヤバくなり、
有給扱いにして病院へ。

「転んで床にお尻を打ち付けまして。」
医者にそう言うと、
「そりゃ、やっちゃったかな~。」
机をさして、
「ここに両手ついて立ってちょっと腰曲げて。
 お尻のところ触るよ。」
「あいたたたたたたっ!」
「あたり。尾てい骨やっちゃったね。」
レントゲンを撮ったら、
見事に折れておりました。
「そうはいっても何もできることはないから、
 1週間くらいで痛みはひくので痛み止め飲んで、
 3週間くらいで大体くっついてくるから大丈夫。
 ただ自転車は乗っちゃダメ。
 サドルが尾てい骨に突き刺さって激痛だよ。」
ええ~~~~~~。
土曜日チャリで歯医者と美容院のハシゴをする予定だったのに。
「まぁなによりもうあんまりお転婆はダメだよ。
 ビニールが落ちていたらちゃんと拾ってね。」

まぁ普通の歩幅では歩けるんです。
ただ大幅にしたり走ったりはできない。
そんなことしたら尾てい骨に激痛。
あとちょっと重いものを持ったり、
河岸で拾いものをすると激痛。
救いはあぐらをかいているのは大丈夫なことと、
仰向けになっても大丈夫なこと。
ただあくまでも前のめりに座っていないとダメ。
ちょっと後ろに体重がかかると激痛。

ったく、
去年に続いて今年も厄年。
熱中症がやっと治ったと思ったら、
今度は骨折。
半世紀以上生きてきて初の骨折が尾てい骨。
ああ、情けない。


ところで今回の先生、
実は初めてだったんだけど相性良さそう。
私が持っていたほぼ日の永久紙袋をさして、
「ところでそれほぼ日で買ったの?」
「あ、はい。」
思いがけない質問に戸惑うσ(・・*)アタシ。
「もしかしてカレー皿とか買っちゃってる?」
「カレー皿は買っていないけど土鍋は買いました。」
「土鍋ねー。あれ、すごく良いって言うんだよねー。」
そんな会話を交わしまして。
ちょっと変わり者な雰囲気なんだけど、
けっこう好きなタイプの医者。
実はこの整形外科を選んだ理由は、
かなり早い時期から湿潤療法をすすめていたから。
勉強している証拠ですから。
今じゃ定着したけどね。

と言うわけで、
しばらくはおとなしくしているしかありません。
でも仕事は休めません。
熱中症でかなり有給使っちゃっているので。

コメント(0) 

緊急通院。 [通院]

アモキサンを飲み始めて寝られるようになりました。
セルシンは最初念のため2錠、
次の日は1錠。
更に次の日はなしで。
やはりあると起きたときのすっきり感が違うので、
とりあえず1錠だけ飲んでいる。

その一方で一度断薬した残りのアモキサン。
当然それほど余分にあるはずもなくて。
処方箋だけ出してくれれば良かったのに、
さすがにクスリがクスリだけに、
面談しないとダメだと言うことで緊急通院。

「微量だから大丈夫だと思ったんだけど、
 よほど身体に合っているのね。」
だろうなぁ。
だからこそ最後の1錠がやめられなかったんだと思うし。
「こちらも勉強になります。」
要するに今の私はアモキサンに下支えしてもらっているようなもの。
身体の緊張が非道くなるのが、
一番耐えられないし。

と言うことで、
次の正規の通院までの分を処方してもらって終わり。

アモキサンのおかげで眠れて、
体力も気力もだいぶ回復して、
早めにお昼を食べて、
午後からは衣替え。
天気も良いので今日しかない!

かなり疲れているけれど、
おかげで今夜もぐっすり眠れそう。

コメント(0) 

- 人生は四十七から -