So-net無料ブログ作成
電子書籍 ブログトップ
前の10件 | -

「ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲」「ダーリンは71歳/高須帝国より愛をこめて」 [電子書籍]


ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016/11/01
  • メディア: Kindle版



ダーリンは71歳/高須帝国より愛をこめて

ダーリンは71歳/高須帝国より愛をこめて

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/08/13
  • メディア: Kindle版



ああ、もう、
これだけ読んでいるとかっちゃんって、
すごい人だしかわいい人なのになぁ。
いや、実際すごいしかわいいんだろうけど、
なにせバリバリ右寄りの政治的発言がなぁ。

まぁとりあえず、
この人の場合はすべてが規格外だから、
全部許しちゃうしかないかw。
嫌いとか好きとかいうよりは、
もう日本には必要な人としか言いようがないし。
今までにどれだけの人を本業で幸せにしてきたか、
それだけでも充分な功績だし。

なんでサイバラが熊なのかもわかったし、
「熊嵐」本当に読んでみようかなw。

コメント(0) 

「国境なき医師団」を見に行く [電子書籍]


「国境なき医師団」を見に行く

「国境なき医師団」を見に行く

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/28
  • メディア: Kindle版


内容紹介
大地震後のハイチで子供たちの命を救う産科救急センター、中東・アフリカから難民が流れ込むギリシャの難民キャンプ支援、フィリピンのスラムで女性を守る性教育プロジェクト、南スーダンから100万人の難民が流入したウガンダでの緊急支援――。作家・いとうせいこうが「国境なき医師団」の活動に同行し、世界のリアルな現場を訪ねる傑作ルポルタージュ。日本の小説家がとらえた世界の今と人間の希望とは?
内容(「BOOK」データベースより)
生きることは難しい。けれど人間には仲間がいる。大地震後のハイチで、ギリシャの難民キャンプで、マニラのスラムで、ウガンダの国境地帯で―。日本の小説家がとらえた、世界の“リアル”と人間の“希望”。

先入観を持たず、
敢えて何の前知識もないままにMSFの見学に向かう筆者。
見学者であるがゆえに、
本当に危険なことには触れていないのかもしれない。
もちろん見学者だからこそ、
見せられるところしか見せないこともあるだろう。
けれどMSFはあくまでも見学者として、
さらには世間への報告者としての筆者に対して、
真摯に現状を見せることを拒まず、
これからどうなっていくのかまで考えさせたのだろう。

衝撃的だったのは、
今一番問題になっているシリア難民が流入するギリシャだ。
難民である彼らにインタビューをしても、
本当につらいことは、
筆者の側もある程度想像がつくので聞けない。
でもそこにいる彼らの姿と、
MSFの話から充分すぎるほどに伝わってくる。
陸を歩いてくる難民と海を渡る難民。
そこに横たわる見えない規制線。
そして浜辺に打ち上げられる弱者の遺体。
島国の日本では考えられない、
地続きであったり、
あるいは地中海を挟んだだけの土地であったり、
そういう地勢的条件が生んだギリシャの難民たち。
そしてウガンダの南スーダンからの難民もしかり。

MSFという存在は知っていても、
具体的にどんな活動をしているのか、
まったく今まで知らなかった。
医療活動をしているであろうことは想像できても、
その活動がインフラ整備や性教育などに及んでいるとは、
とても考えもつかないことだった。
考えてみれば、
彼らが必要とされる場所というのは紛争地域が多く、
インフラが整っているはずもなく、
殺人だけではなく心の殺人であるレイプも横行しており、
また知識がないが故の望まない妊娠をすることも、
それ自体はちょっと考えてみればわかることではないか。
まったく自分の無関心さにちょっと腹が立った。

こうした活動を見学すると、
妙な義侠心に駆られて、
「俺たちもできることをするんだ!」という人がいる。
あたかもすぐにでも紛争地に行って何かするんだといわんばかりに。
しかしここにいるのは皆スペシャリストである。
一般人で知識も技術も持たない人間は役に立たない。
筆者もまたその一人であり、
だからこそ彼は現場をできるだけ平易な言葉で伝える、
その役割を担ったのであろう。
そして筆者もまた普通の人だからこそ、
現場を見て素直に感じ取ることができ、
そのことに関して何を感じたのかを語れるのだ。
紛争地で役に立つことができる人はスペシャリスト。
私たちに今できるのは彼らの活動資金の募金くらいなものか。
もちろんそれもそうなのだが、
それよりも何よりも、
彼らが活動する地域で何が起きているのか、
そのことを背景も踏まえて現実を知ること、
それが一番最初にできることなのだ。
そのうえで彼らの力になりたい人は、
自分の持てる力を様々な形で生かせばいい。
私たちは自分たちの足元も危うい現実に、
ついつい世界のことを忘れがちである。
ニュースでワイドショーで取り上げられなければ、
「なかったこと」になりがちだ。
彼らの活動内容は以下から知ることができる。
http://www.msf.or.jp/

残念なのは日本でのMSFの認識が少々甘い点である。
筆者も書いているが、
日本で「国境なき医師団」に参加するとなると、
「閑な人」「酔狂な人」のように受け取られ、
キャリアの一部とみなしてもらいにくいことだ。
医療関係者は違うのかもしれないが、
それ以外の職務で従事した場合、
彼らの日本でのキャリアは一度寸断され、
帰国したところで普通に再就職をしなければならない。
世界各地で起こっている紛争や足りない医療と教育に対応するには、
もっと世界からの力が必要なのに。

紛争地や発展途上の国へ行くのだから、
もちろん危険は常にあるのだし、
彼らの仕事の重さは半端ではない。
ただ日本人はもっと知る必要がある。
知っている人には当たり前のことだろうが、
私のように無知蒙昧な人間にとって、
この一冊は非常に重いものだった。
それと同時に、
「もっとカジュアルに力になれないか」
そう思うだけでも良かったと思うのだ。
MSFだけではなく、
世界中の難民、紛争地域、必要な教育に携わる団体はある。
そんなことを考えるようになっただけでも、
筆者が各地へ行って見て感じて書いた甲斐があると思うのだ。

難しいことは何もない。
ただ読んで感じればいい。
そんな本だったと思う。

コメント(0) 

「藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて」「藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ」 [電子書籍]


藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて (文春e-book)

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: Kindle版



藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book)

藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: Kindle版


内容紹介
芸能界に潜入したスパイ、水道橋博士の極秘レポート!
週刊文春の連載「週刊藝人春秋」に大幅加筆。橋下徹からタモリまで芸能界の怪人奇人を濃厚に描くノンフィクション。抱腹絶倒の上巻。
内容紹介
水道橋博士による芸能界での諜報活動の集大成!
水道橋博士生放送降板事件の真実、石原慎太郎と三浦雄一郎のミステリー、感涙のエピローグなど書き下ろしも。疾風怒濤の下巻。

水道橋博士の文才はわかっていた。
「藝人春秋」も「本業」も読んでいたから。
なんというか切れ味のいいいやらしさのない文章で、
個人的に相性が良いと思える。
この本の設定そのものは「?」と思うところもあるのだが、
博士なりの視点と調査で「ここまで書くか」というところまで、
我々一般大衆が知りえない業界の裏まで書き込んでいる。
ある一部の人には「どうでもいい」ことなのだろうが、
いろいろな騒動があった人に関しては、
「そういうことか」と思わず声に出そうなところもあり、
なかなかにサスペンスフルな内容でもある。

中でも圧巻だったのは石原慎太郎と三浦雄一郎の因縁と確執である。
そこに田中角栄まで絡んでいるのだから、
この両雄の話が面白くないはずがない。
ネタバレするのは避けるが、
石原慎太郎という人は実に不思議な人であり、
天才なのか天災なのかわからない。
もちろん両方なのだが、
その被害を被った三浦雄一郎の事の真相を語るさまもスゴイ。
何とも不思議なのだが、
石原慎太郎が天才ならではの執着体質であるとすれば、
三浦雄一郎は天才ならではの意に介さない体質なのだ。
石原慎太郎が一つ一つを身にまといながら前に進むとすれば、
三浦雄一郎は自らが向かうところに不要なものは忘れて前に進む人だ。
この二人の物語を読むだけでも価値がある。
二人ともまっすぐな人間であるにもかかわらず、
そのベクトルが全く違う方向を向いている。
だからこそ両雄並び立たずなのである。

それにしても、だ。

水道橋博士が長らくうつ病にり患していたとは、
まったく予想だにしないことだった。
たけし軍団の一人として数々の武勇伝には事欠かず、
相棒玉袋筋太郎とともにやらかしたこと、
水道橋博士としてやらかしたこと、
もうその芸歴以上に箔がついている。
頭のいい人だということもわかっていたが、
ご本人が本書までその病歴を明かしたことがなかったのだ。
さらには本書に登場する人に関しても、
うつ症状に悩んでいたことを生々しく記している。
「気分障害」といわれることがあるほどに、
うつ病という病気は上下動がある。
日々を安定して過ごせるならばそれはもう寛解に近い。
しかしそれとていつまた波が押し寄せるかわからない。
そのくらいにこの病気は厄介である。
原因もわかっていないし特効薬もない。
もしわかっているとすれば、
原因は人それぞれであり、
寛解のためには人それぞれの治療法が必要であるということだ。
その波をかき分け溺れながらも、
本書をなんとか書き上げたのには感服。

「藝人春秋」とはいうものの、
登場するのは広義の「藝人」であり、
世間的認識ではそうではない人もいる。
また人によっては遠慮が感じられるところもあり、
それなりに掘り下げ方にムラも感じられる。
しかし個人的には充分に堪能させていただいた。
全編通して見事とはいいがたいが、
それはそれで面白い。
なによりかなり一気に読んでしまったことが、
そのことを証明している。


コメント(0) 

「噂は噂 壇蜜日記4」 [電子書籍]


噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫)

噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/04
  • メディア: Kindle版


内容(「BOOK」データベースより)
くしゃみの止まらない猫のために空気清浄機を買い、「不条理の利用」を女子に説き、寿司屋の看板を見て「寿司良いなぁ」と涙し、男の優しさの先にある苦くて甘い「取り返しのつかない何か」をかじりたくなる…“壇蜜”の日常を瑞々しくも不穏な筆致で綴って大反響を呼んだシリーズ、これがまさかの読み納め!?書下ろし日記第四弾。

「壇蜜さん、どうしたの?」と思うくらい、
ネガティブな発言が続く。
世間からどう思われているか、
自意識過剰なんじゃないかと思う。
最近はTV自体あまり観ないので、
ラジオでの壇蜜さん中心なのだが、
余りそういう風には思っていなかった。
かわいい愛猫や魚の話も減って、
なにやらつらそうな話が増えている。
そういうところを隠さないのが壇蜜さんらしいといえばらしいのだが、
「これで終わり」だとしても仕方ないと思ってしまう。

彼女特有の表現方法や、
ものの見方や経済観念、
そういうものが大好きだったのに、
仕事が変わったのか、
忙しいのか、
壇蜜さんの文章にも「疲れ」を感じてしまう。

いつもは面白くて一気読みしてしまうのに、
なんだか今回はいろんなことを考えつつ、
いろんなことを心配して滞ってしまった。

「経年劣化」は誰にでもあるけれど、
もともと遅くからグラビアデビューした壇蜜さんには、
あれこれ言われることも多かったのだろうし、
彼女の才能は識者ほど認めるところだし、
そんなに卑下しなくてもいいはずである。

もっとも白髪が増えたり、
皮膚がたるんだり、
身体のバランスを取りにくくなったり、
自分で感じてしまう経年劣化はつらいものである。

壇蜜さんならそれを乗り越えられる。
そういう存在だと信じているのだが。

コメント(0) 

「プラージュ」 [電子書籍]


プラージュ (幻冬舎文庫)

プラージュ (幻冬舎文庫)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: Kindle版


内容(「BOOK」データベースより)
仕事も恋愛も上手くいかない冴えないサラリーマンの貴生。気晴らしに出掛けた店で、勧められるままに覚醒剤を使用し、逮捕される。仕事も友達も住む場所も一瞬にして失った貴生が見つけたのは、「家賃5万円、掃除交代制、仕切りはカーテンのみ、ただし美味しい食事付き」のシェアハウスだった。だが、住人達はなんだか訳ありばかりのようで…。

WOWOWでドラマ化されて、
設定はなんとなく知っていたけれど、
ドラマは観る気にならなくて活字で。

前科者が職を見つけられない、
住むところが見つけられない、
たとえ見つかってもどこからか前歴がばれて、
けっきょく再犯するに至るという負のスパイラル。
その話は非常によく語られる。
罪を償って社会に戻っても、
親兄弟さえ受け入れてくれない人もいるという。
では自分はどうかといえば、
事情はあっても人を殺した人が横にいたら、
偏見なしに感情的に受け入れられるか?
それはその時になってみなければわからない。

シェアハウスに暮らすそれぞれの視点で、
少しずつ少しずつ明かされていく彼らの過去。
主人公貴生の一回限りの覚せい剤使用なんて甘いものだ。
もっともっとヘビーな過去を持つ人間ばかり。
それを受け入れる潤子もまた、
なぜこんなシェアハウスを営んでいるのか謎。
話が進むにつれて、
薄紙をはがすように少しずつそれぞれの事情が明かされ、
それとともに心の中がわかっていく。
そして潤子がなぜこのシェアハウスを作ったのかも。

なかなかにヘビーなことも多いのだが、
基本的には優しい物語である。
脛を傷を持つものだからこそわかる、
それぞれが抱える事情への配慮や踏み込まない優しさ。
だからこそ芽生える連帯感。
警察のお世話になったことはなくても、
誰でも一つや二つ心の傷というか、
何かしら後ろめたいところがあるだろう。
それを考えてみたら、
彼らと自分たちの境界線なんて存在しないのだ。
その境界線を取り払う努力をする人たちが、
ドキュメンタリーなどで取り上げられるが、
そういうことが行われているうちはだめなんだと思う。
たとえ前科があっても、
その人の「今」と「未来」をみつめて付き合えないと。

全体的に軽妙な文体とノリで読みやすいが、
実はかなり深い物語だと思う。
今や刑務所も高齢化が著しく、
たとえ出所しても職にもつけず家も見つけられず、
「刑務所の方が居心地が良い」と再犯する人もいるそうだ。
もしかすると刑務所は一般社会の縮図かもしれない。
だとしたら、
彼らはとても貴重な「経験者」である。
濃密な経験を経てきた彼らを、
社会が受け入れることは案外大切なことになるかもしれない。
理想論ではなく、
登場人物たちの来し方を読んでいてそう思った。

コメント(0) 

「オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説」 [電子書籍]


オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説

オプエド 真実を知るための異論・反論・逆説

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: Kindle版


内容紹介
インターネット報道番組「ニューズ・オプエド」は、マスメディアが恣意的に伝えない重大な事件を日々報道、ユーザー数は増え続け、現在30万人(2017年11月時点)の視聴者を有する。オプエドとは「ニューヨーク・タイムズ」が導入した、同じ新聞内で社外の識者らを起用し社説とは反対の意見を掲載する手法。
ゲストコメンテーターは、話題の渦中にいる政治家を始め、事件の当事者や評論家、作家、文化人、タレントらが次々登場。思想や政党の垣根を超え、考え方を異にする人たちが大手マスコミが取り上げない様々な出来事の真相を語り、それに対しての反論があればすぐにスタジオに呼ぶ。政治の裏側・実態を熟知しジャーナリストとしても活躍してきた番組のプロデューサー・上杉隆が、執念の取材活動の舞台裏を明かす。
日本で唯一当選直後のトランプ米大統領と安倍首相のゴルフ場での会談を独占取材したスクープ映像は、全米4大ネットワークであるFOXやアルジャジーラなど世界を駆け巡った。報道後進国に成り下がった日本のメディアの現状に風穴を開ける「ニューズ・オプエド」の記録。

上杉隆という人は損をしている。
今はTVに出演することもほとんどなくなったが、
10年ほど前さかんにコメンテーターをしていたころ、
どんなまじめな話も独自のユーモアで笑わせるというか、
混ぜ返すところがある。
言っていること、書いていることは非常にまじめなのだが、
とにかく茶々を入れるというか、
ふざけるというか、
本質をとらえていれば何とも思わないが、
そこだけクローズアップしてしまうと不快に思う人もいただろう。

その上杉さんが作り上げた「ニューズ・オプエド」。
番組が成立するまでに、
こんな苦労や交渉があったとは。
もちろんいくらインターネット番組でも、
簡単でも安くもないことは理解していたが、
やはり上杉さんがやり続けてきたことがものを言ったのだ。

今のこの国のマスメディアに対して、
何の疑問も持たないとしたら、
それはもう記者クラブや御用メディアに洗脳されている。
一つ一つがおかしなことばかりなのに、
なぜこの国は追及されないのか。
それこそ「忖度」で物事が動いて決まるのか?
では正しいメディアの在り方とは何なのか?

その答えがここにある。

上杉隆という人は正直で、
自分が信じたことにはまっすぐな人である。
だから一瞬疑問に思うこともあるかもしれない。
ただそれは彼の信念に基づくものであり、
間違えていれば訂正することは厭わない。
「ニューズ・オプエド」はまだマスではない。
しかし目指すところはマスではない。
マスであるがゆえに不自由になってしまう。
官房機密費や記者クラブの問題性について、
上杉さんが言及できたのも、
あくまでも本来のメディアのあるべき姿、
権力への批判、権力への疑問を呈す立場にあるからだ。
だからこそせめて自分だけはと思うのだ。
周囲をみればTVや大手新聞の報道を信じ切っている。
私は彼らの平和を覆そうとは思わない。
それで幸せなのだから。
だからこそ「ニューズ・オプエド」発信で、
彼ら自身に疑問を感じてほしいのだ。

その日が来るのかはわからない。
しかしその日を信じるしかない。

コメント(0) 

「ヘンな論文 【電子特別版】」 [電子書籍]


ヘンな論文 【電子特別版】 (角川学芸出版単行本)

ヘンな論文 【電子特別版】 (角川学芸出版単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川学芸出版
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: Kindle版


内容(「BOOK」データベースより)
おっぱいの揺れ、不倫男の頭の中、古今東西の湯たんぽ、猫カフェの効果…なかなか見る機会のない研究論文。さがしてみれば仰天のタイトルがざくざく…。こんなことに人生の貴重な時間を割いている人がいるなんて!

私は東京ポッド許可局のファンである。
きっかけは忘れたw。
ただTBSで放送される前、
本当に細々とPodcastでやっていたころからのファンである。

然るにこの本ももっと早く読みたかった。
しかし次から次へと新刊本は出るし、
古い本にも興味はある。
自分にとって「旬」の作家や本というものもある。
残念ながらこの本はなかなか「旬」にはならず、
まぁそんなところが東京ポッド許可局らしいともいえるのだが。

本当にへんな論文ばかりである。
というか、
「研究対象そこ?」の突っ込みが入るようなものばかり。
ここが私の凡人たるゆえんかもしれない。
そこで研究にすり替えることができる人こそ、
研究者であり学者肌であるのだろう。
そりゃ男なら走る乙女の揺れる胸元に目を奪われるだろう。
しかしそこで、
「じゃあ、揺れることでブラとのずれはどうなるのか?」
そう考える人が素晴らしいのである。
そもそもそういう研究はワコールとかトリンプとか、
下着メーカーの開発担当者とかがしていそうなものだが、
それを「生業」としている会社員は論文にはしない。
論文にする会社員もいることはいるが、
工業系とか理系とかの会社に多いのではないか。
いや、下着だって立派な人間工学なんだけど。

数ある変な論文の中で、
際立っているのが「湯たんぽ」の研究である。
今やいろいろな素材や大きさが揃い、
そのカバーにファッション性まで求められる湯たんぽ。
優しい温かさとエコな印象で人気である。
昔はアルマイト性の不格好な入れ物をタオルなどにくるみ、
低温やけどしないように気を使って使用していたというのに。
その湯たんぽ、
はてさていつから使われているのか?
そもそもそんなことを考えたことがない。
歴史の教科書にも出てくることがない。
大体日本発祥のものなのか?
どんな変遷をたどってきたのか?
それを研究した結果、
理想の湯たんぽまで作ってしまった研究者がいる。
実に純粋に湯たんぽを突き詰めた結果、
使い買ってはともかくとにかく保温性が高い、
奇妙な湯たんぽを作ってしまったのである。

しかし電子書籍版の白眉はその後である。
ひょんなことでこの研究者と直接会うこととなる筆者であるが、
その後何とも言えない悲しい結末が待っていた。
これは読むことでぜひ味わってほしい、
小保方問題にも通じる悲劇である。

研究者にとって「違い」に大きいも小さいもない。

そのことを筆者は繰り返す。
なるほど、
そういうことにこだわるからこその研究なのである。
逆に言えば凡人が見落とす小ささこそが、
研究者の心をくすぐるのだ。

論文は誰が書いても良いものである。
それが採用されるか、
世に認められるかは別問題。
疑問に思ったら研究してみる。
うん、子供ってみんな小さな研究者だよね。

コメント(0) 

「ドラマ鬼平犯科帳」ができるまで [電子書籍]


「ドラマ鬼平犯科帳」ができるまで (文春文庫)

「ドラマ鬼平犯科帳」ができるまで (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: Kindle版


内容紹介
鬼平犯科帳は永遠に!!
昨年、遂に幕を閉じたTV「鬼平犯科帳」シリーズ。
その長い歴史を振り返り、製作スタッフの貴重な証言を聞き取るファン必読の書。
28年間に渡り放送された「鬼平犯科帳」。
その人気の秘密を番組スタッフのプロデューサーから殺陣師や録音技師、美術監督などに直接インタビュー。
今の世で正統的時代劇を放送する上での、苦労話、ここだけの話、内緒の話がテンコ盛り。
さらに「オール讀物」に掲載された「鬼平」関連の記事も収録。
目次
序章 鬼平、京都へ行く
第一章 スタッフインタビュー
第二章 ドラマ『鬼平』の魅力を検証する
終章 鬼平、京都を去る

基本的にあまり時代劇は観ない。
子供のころ親の付き合いで「大岡越前」など観たが、
その頃は「勧善懲悪」の単純さに、
特に何を感じることもなかった。
ひねた子供だったのだ。
この歳になっても、
大河ドラマは主演や脚本が興味深い時だけ。
所詮「フィクション」だと思っているので、
それで歴史について詳しくなろうなどとは思わず、
普通のドラマを観る感覚でしかない。
そして世にも珍しいかもしれないが、
「鬼平犯科帳」を一話たりとも観たことがないのであるw。
私の周りに鬼平ファンは多いけれど、
そこでそっぽを向くへそ曲がりぶりで通してきた。
もちろん原作すら読んでいない。

その私がなぜこの本を読み始めたか。
簡単である。
春日太一が熱を入れて書いた作品だからだ。
著者を知ってから古い時代劇を観るようになった。
特に市川雷蔵はお気に入りである。
もっとも市川雷蔵に関しては「陸軍中野学校」からのファンではあるが。

何も知らずに読み始め、
最初のうちはノロノロと読み進めていたものが、
スタッフの話あたりからがぜん面白くなり、
著者が嘆く「時代劇が滅びる」現実と照らし合わせながら、
なぜ世にもまれな時代劇が生まれたのか、
実に興味深く読み進んでいった。

そして実際のドラマの内容を踏まえた検証、
スペシャル枠になってからの切れのなさへの言及、
脳内で知っている範囲の鬼平が動き回りながら、
あまりの面白さにノンストップ状態だった。

おそらくこの後もすべての鬼平を観ることはないだろう。
ただ折あらば「観てみたい」という気持ちにもなれた。
それは何よりも、
まったく知らなかったこの作品の主役である。
「鬼平犯科帳」という題名から、
勧善懲悪ものとすっかり思い込んでいたが、
実は主役はいろいろな事情を抱えた盗賊たちであり、
鬼平が抱える密偵たちの物語に魅了されたからである。

むろん池波正太郎の原作を読破する手もある。
しかし今のところ、
積読が山のようにあり、
Blu-rayもDVDも山積みである。

この一冊で鬼平のすべてを味わったとは思わないが、
その一端でも知ることができて、
魅力を感じることができたのは至福である。

コメント(0) 

おしゃれはほどほどでいい 「最高の私」は「最少の努力」で作る [電子書籍]


おしゃれはほどほどでいい 「最高の私」は「最少の努力」で作る (幻冬舎単行本)

おしゃれはほどほどでいい 「最高の私」は「最少の努力」で作る (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: Kindle版


内容紹介
自分を変えるのはこんなにカンタン!
「赤い口紅」と「お気に入りの一着」があればいい。
だって私たちには、時間がないんですもの。
元ピチカート・ファイヴのおしゃれカリスマがたどりついた、「見た目」と「幸せ」の方程式。
「今の私って、案外悪くない」とずっと思っていたい。でも、「特別なことは何もやっていない」。
ピチカート時代から変わりなく、おしゃれさ、輝きを保ち続ける、野宮真貴さん。しかし、冒頭のように、「特に何もしてない」とおっしゃいます。でもどうやら、特別なことはやっていないけれど、特別じゃないことを続けていらっしゃるよう。野宮さんが「今が最高の私」と言えるために続ける「特別じゃないこと」「普通のこと」がギュッと凝縮された一冊です。
たとえば――、
・いつも同じ服でいい。
・いざという時は黒に頼る。
・ワンピースは最強最速のおしゃれ着。
・アクセサリーはどんどん重ねづけする。
・ブローチがあれば服にストーリーが生まれる。
・赤い口紅だけできちんとメイクが演出できる。……などなど
手っ取り早く見た目を整えて、余った時間とお金は他の人生の楽しみに使いましょう!

思えば渋谷系でしたw。
バブルの時代休みの日には渋谷へ繰り出し、
ファッションは丸井か西武でお買い物。
人生の先行きなんて何も考えていなくて、
自分の好きなファッションにまみれて、
一番幸せな時代だったかも。

それから四半世紀。
今の私はファストファッションのおばさん。
「どうせ誰に見せるわけでもなし、
 どうせ誰が観ているわけでもなし、
 清潔で小綺麗にしていれば充分。」
ちょっとしたお出かけ着は別にして、
普段着はファストファッションまみれ。
それがいきなり変わったのがおととし。
IY、西武そごうとのコラボでジャンポール・ゴルチエ復活。
そこで火が付いた再びのおしゃれ心。
財布のひもが一気に緩んで、
身の程知らずに買いまくる。
そこに知った野宮さんプロデュースの赤い口紅。

「あ、今までの私は本当にただのおばさんだったんだ」

自分ではそれなりにしているつもりでも、
「ちゃんとしている」ことから遠ざかっていたのだと実感。

で、今年の衣替えで気が付いた。

「ほどほどに良いもので良いから、
 もうそんなにたくさんはいらない。」

安いものはそれ以上の価値がなければ2年目にはリサイクルへポイ。
その代わり気に入ったものは、
大事に切るし洗うししまうし、
それころ「ちゃんと」扱っていることを実感。

そこにこの本の登場。

もういちいちもっともでぐうの音も出ませんw。
もちろん野宮さんのようにスタイルもよくないし、
芸能人ではないから彼女の真似はできないけれど、
「ちゃんとする」「過剰にしない」
そのことを改めて実感。
それを踏まえての「ほどほど」。
得てしておばさんは過剰になりがち。
化粧も服もやりすぎになりがち。
そこをマイナスしていくことで、
スタイリッシュな自分になっていく。
そう。
ゴルチエの服もKenzoの服も、
一見過剰に見えるし過激にも感じられるんだけど、
それ1枚で充分におしゃれだったりして、
下手に飾り立てないことで自分も服も本領発揮。
野宮さんの言うワンピースやアンサンブルとは対極だけど、
それを基本にシンプルな良いものを合わせれば、
それで充分ほどほどにおしゃれ。
無印良品は相変わらず大好きだけど、
形や素材を選んで買うとそれだけでおしゃれ。
そして無印の持ち味であるシンプルさが、
より一層引き立つことになる。
無印をファストファッションに分類されると、
「それは違うと思うんだけど」と思ってしまう私。


野宮さんの年齢に言及する気はないけれど、
自分よりも年上の彼女が、
なぜ特別ではなくてもきれいでおしゃれなのか、
その秘訣を惜しみなく教えてくれる。
そしてその原動力がどこにあって、
どんな気持ちがそれを支えているのか。

おばさんになったからこそ、
気持ちの持ちようと、
ほんのちょっとの努力が必要。
ほんのちょっとの良いものが必要。
ほんのちょっとの気遣いが必要。

でも毎日それが出来れば苦労しないw。


コメント(0) 

「たのしいプロパガンダ」 [電子書籍]


たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)

たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)

  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: Kindle版


内容紹介
本当に恐ろしい大衆扇動は、
娯楽(エンタメ)の顔をしてやってくる!
戦中につくられた戦意高揚のための勇ましい軍歌や映画は枚挙に暇ない。しかし、最も効果的なプロパガンダは、官製の押しつけではない、大衆がこぞって消費したくなる「娯楽」にこそあった。本書ではそれらを「楽しいプロパガンダ」と位置づけ、大日本帝国、ナチ・ドイツ、ソ連、中国、北朝鮮、イスラム国などの豊富な事例とともに検証する。さらに現代日本における「右傾エンタメ」「政策芸術」にも言及。画期的なプロパガンダ研究。

「プロパガンダ」というと、
ナチスや旧共産圏の国ぐにを思い浮かべることが多いだろう。
事実当時のポスターなどは、
その内容はともかくとして、
美術的には非常に価値が高いと思われるものが多い。
今見てもそこに書いてある文句は別にして、
その構図や訴求力の強さは目を見張るものがある。
一方戦前の日本はださい。
わかりやすいという点は評価するが、
欧米のプロパガンダと比べると、
どこか国民をバカにしているというか、
「とにかく国の言うことに従いなさい」ということしかない。
「プロパガンダ」とはそういうことではないと解釈している。
直接的なメッセージのみならず、
それを目にする耳にすることによって、
知らず知らずのうちに思想や思考が変えられていく。
それこそが「プロパガンダ」の真骨頂だと思うのだ。
ちなみに戦前日本のプロパガンダという点では、
民間企業の広告の方がよほど優れていた。
官僚、軍部指導の直接広告がダサいという点では、
今も昔も変わらない。

時代は変わって現代。
現在は力を落としているイスラム国ではあるが、
彼らのメディアを駆使したプロパガンダはすさまじい。
もともとイスラム圏のテロリストにはありがちなのだが、
視覚的効果、キャッチフレーズ効果を多用する。
そのあたり日本の政党にも見習ってほしいくらいだ。
(その思想や行動は見習っていただく必要はない)
北朝鮮のプロパガンダは言うに及ばずだろう。
何しろ独裁政治のもとで、
どこまでが本当でどこまでがウソなのかわからない指導者を仰ぎ、
「この国こそこの国の指導者こそ世界一」と思わせるのだから、
そのプロパガンダと教育は徹底したものである。
興味深かったのは金正日の映画を使ったプロパガンダである。
「プルガサリ」という怪獣映画は日本人も技術協力しているので知ったいたが、
それ以外にも抗日教育の一環として多くの映画を作っていた。
実際今Amazonを検索すると日本でも入手できるのだ。
もちろん観ていないけれど、
大体の内容は想像がつく。
娯楽(エンタメ)を利用した金正日のプロパガンダは、
非常に効果的だったことだろう。
ちなみに戦前日本でも同じように、
国威発揚映画が作られていたことはもちろんだが、
抑圧されて娯楽が少なければ少ないほど、
その娯楽によって洗脳されてしまう可能性は高くなる。
というか、
自分たちがつらい目に遭っているのはこういう意味があるのかと、
自家撞着に気づかずに自分たちを納得させるしかないからである。

では現代日本は?

最近やたらと目につく萌え系アニメとのコラボである。
私はゲームもやらないし、
萌え系にも全く興味がないので知らなかった。
筆者はこの本の中で右傾化する日本のプロパガンダにも触れている。
やり玉に挙がっているのが百田尚樹であり、
自衛隊の募集ポスター、防衛省の広報誌である。
百田尚樹という人がどういう人かは今更書くこともないが、
日本中が涙したという触れ込みの「永遠の0」を読んでも、
私にはどうしても納得がいかないことが多すぎた。
百田尚樹というエンターテイメント作家は幅広いので、
面白い作品もたくさんあるのだが、
首相とお友達になってからどうもきな臭さに拍車がかかり、
しょっちゅう炎上しているのは周知のとおりである。
これをプロパガンダに含めるのであれば、
余りに稚拙なプロパガンダだと言わざるを得ない。

本書は現在の日本のプロパガンダを評するために、
右傾化を批判しているようになってしまった。
その点は非常に残念であり、
中立的に評してほしかったと思うのだ。
それをどう受け取ってどう感じるかは読者に任せてほしかった。

噂の範疇でしかないが、
ここで取り上げられなかった事象や歌舞曲など、
プロパガンダであったといわれるものは多い。
大衆は娯楽(エンタメ)に乗せられて、
実に巧妙に誘導されていくものである。
それに気づいたとしても多勢に無勢、
少数がそれに抗したとしても無意味な場合は多い。
こうしたプロパガンダに抗するのに一番効力を発するのは、
トロイの木馬かもしれない。
取り込まれたふりをして腹の中から食い破る。
もちろんそんな時代が来ないことを祈るが、
世界中であふれるプロパガンダは決して止まることはない。
覚えておかなければならないのは、
プロパガンダは「たのしい」ということだ。
人々の興味を誘い、
巧みに精神に浸透していく。
気が付いた時には・・・。

もう少し資料の内容を充実させてほしかったところだが、
これはこれでなかなかに面白い読み物であった。


コメント(0) 
前の10件 | - 電子書籍 ブログトップ

- 人生は四十七から -