So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2017/07/14 [moblog]


コメント(0) 

「人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー 朗読CDブック」 [本]


人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー 朗読CDブック

人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー 朗読CDブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


内容紹介
【内容紹介】 涙があふれて、心が温かくなる、本当にあった16のお話
2007年5月の番組開始から聴取率通算V38を誇る、文化放送の看板番組「大竹まこと ゴールデンラジオ! 」。
そのなかの朗読コーナー「ザ・ゴールデンヒストリー」は、毎週一つのテ-マに沿って市井の人々を取材し、その人生をパーソナリティ大竹まことさんが朗読する、番組の名物コーナーです。
番組10周年を記念して、このコーナーが、朗読CDブックとして発売となりました。 涙があふれて、心が温かくなる本当にあったお話15編。さらに、今回特別収録として、マスコミで話題にもなった「鉄道少年」のお話を掲載します。

前書きを読んで泣いて、
本文を読んで泣いて、
後書きを読んで泣いて、
CDを聴いて泣いて、
何度も何度も泣ける物語。

それは現実だからであり、
作り事ではないから。
そして作家たちが西へ東へ当事者の話を聴きに行き、
本当の物語を伝えようと努力したから。

この本には収録されていないが、
「ゴールデンヒストリー」が復活したとき、
一番最初に放送された話。
ネグレクトとDVに遭っている子供が、
施設に収容されたときに、
「ここは天国だ」と思ったと言うひと言。
私は職場で涙を抑えることができなかった。
施設は家庭とは違う。
不自由もあれば子供同士の柵あるだろう。
けれどそこでは食事が食べられて、
理不尽な暴力に晒されることもない。
だから「天国だ」と思ったその一言。
これは当事者から聞いたからこその言葉だ。
経験していないものには想像もつかない。

このコーナーは一度終わり、
書籍化されていた。
その本をNHKラジオ「すっぴん!」で高橋源一郎が取り上げ、
また火がついて復活した。

大竹まことは他局の番組のこともよく口にするし、
実際ゲストも曲の垣根をまたいで登場する。
LGBTも含めて、
彼はラジオ界に本当の意味でのボーダーレスを持ち込んだのかも知れない。

これだけの物語を取材して放送できる。
それだけでもラジオには存在価値がある。
そして大竹まことは、
朗読という新たなる世界に踏み込んだ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/13 [moblog]


コメント(0) 

キタ━(・∀・)━!!!!w。 [休日]

DSCF2717-s.jpg

近所の無人販売でしか買えない枝豆。
茹でているときから立ち上る香ばしい香り。

わいわい市で幾つか買ってみたけど、
これ以上の枝豆には未だ出会えず。

この時期キュウリはわいわい市で四つ葉キュウリ。
枝豆は無人販売。

美味しいものを調達するのは結構忙しいw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/12 [moblog]


コメント(0) 

「コラテラル」 [ストリーミング]


コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
トム・クルーズが初の悪役に挑んだことで話題を呼んだサスペンスドラマ。未来の夢を心の支えに生きる平凡なタクシー運転手・マックスは、冷酷非情なプロの殺し屋・ヴィンセントを乗せたことがきっかけで殺人の手伝いをさせられるハメになり…。

宇多さんの番組のおかげで、
トム・クルーズ2連発w。
ファンには意外なほど人気が高かったので。

いつものトム・クルーズとは対極、
冷たい炎が燃えている殺し屋を熱演。
いつもの熱血漢ぶりを思いっきり反対に振り切って、
目的を達するためには手段を選ばない、
冷徹な情熱とでも表現しようかという、
何ともいえない不気味な怪演。

完全に巻き込まれ型のジェイミー・フォックスも、
最初はただただ怯えるしかなかったのが、
最後には切れて暴走。

正直トム・クルーズファンじゃない私にとって、
序盤戦はたるくてなかなか乗れない。
途中から一気に加速していって、
最後には「うん、なかなか面白かった」という感じ。
あの必殺の微笑みを浮かべないトム・クルーズ、
そうなると結構コワイ存在w。

まぁだからって、
他の並み居る作品を押しのけて、
この作品が特別すごいとも思わず。

個人的には、
「ア・フュー・グッドメン」がランク外だったのは心外。
さすがに作品が古すぎたか。
あの映画でジャック・ニコルソンと対等に渡り合う演技力、
これを初めて認めたので、
是非とも入って欲しかった。
「トップ・ガン」なんかより絶対に面白い映画だしね。

と言うことで、
個人的トム・クルーズ祭り終了。

またそのうちPrimeで見つけて、
気が向いたら観るかも。

コメント(0) 

「アウトロー」 [ストリーミング]


アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
全米でベストセラーとなったハードボイルド小説をトム・クルーズ主演で映画化。一般市民銃撃事件の容疑者として元軍人の男が拘束される。だが彼は容疑を否定し、ジャック・リーチャーという男に連絡するよう求める。

宇多さんの番組で、
トム・クルーズ映画ベスト10なんてやったもんだから、
ついつい観る気になっちゃって。
あ、前々から書いているとおり、
わたくしトム・クルーズにはなんの興味もございません。
俳優としてプロデューサーとしてスゴイという評価はしますが、
男としての魅力は一切感じません。
ただ見事に仕事をする男で、
スクリーンで魅了する男だという客観的評価はしています。
その点では伊藤英明と同じ位置づけかな?

この映画のジャック・リーチャーも、
別にもうトム・クルーズがやらなくても良いじゃん。
もっと別の俳優にやらせても良いのに、
ちゃんと自分で演じきるところ、
そのプロデュース能力には脱帽。
いい加減身体張らなくても良いのに、
普通の俳優ならそろそろ演技派と言われたくて、
七面倒くさい役柄をやりそうなのに、
こう言う役をやっちゃうのが彼の良いところ。
そういう意味ではスタローンとよく似ている。
ま、大衆が期待する自分をよく知っていると言うことかな。

最初の狙撃シーンはかなりのインパクト。
そしていきなり逮捕。
おやおや、怪しいぞと思っていると、
謎の男ジャック・リーチャー登場。
まぁ何も残らないけれど、
面白いこと爽快なことは確実。

って言うか、
「スノーデン」を観た後に、
この程度の話を見せられてもなぁw。

ま、アメリカ人は常にヒーローを求めているんですよ。
スーパーマンの人間版というでも言うか、
いつもはどこにいるかはわからないけれど、
必要とされたらどこでも現れる。
こう言う謎のヒーローが求められているわけですな。

Primeで観られたので良かったw。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/10 [moblog]


コメント(0) 

「スノーデン」 [ストリーミング]


スノーデン [Blu-ray]

スノーデン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


[STORY]
2013年6月―。英ガーディアン紙のスクープが世界を震撼させた。
NSA(米国家安全保障局)の職員エドワード・スノーデンが、米国政府による膨大な個人情報監視の事実を暴露したのだ。
ごく普通の29歳の若者だったスノーデンはなぜ、輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生を捨ててまで重大な告発を決意したのか―。

オリバー・ストーンらしい映画。
「プラトーン」の頃から、
彼の映画にリアリティはつきもの。
現実を描くことで、
きれいごとで飾り立てられたアメリカの暗部をえぐってきた。

スノーデンは運悪く天才だった。
軍隊で国に奉仕するつもりが身体的理由でかなわず、
頭脳で国家に奉仕することになった。
そしてそれが幸運でもあり不幸でもあった。
彼は余りにも天才過ぎた。
それが故に国家の暗部に携わる事となり、
その罪深さと表でのきれいごとの落差に悩み、
やがててんかん発作を抱えるようにまでなる。

罪の意識はいつも無意識下で心身を蝕む。
そのことは私自身の心身で証明済みだ。
30年経っても母の死の呪縛から解き放たれない。
生前母のやってきたこと、
言われてきたことにがんじがらめである。
呪縛を解きたくても、
解決策は自分の中にしか存在せず、
死んでしまった母親を巻き込んではできない。

おそらくスノーデンが情報をウィキリークスに流したのは、
家族を守るためもあっただろうし、
自分自身を物理的に守るためもあっただろう。
しかし一番の理由は、
彼の心を守ってこれから一生秘密を抱えたまま生きないこと、
それこそが彼に決心させた要因だろう。
戦場から戻ったものがPTSDに悩むように、
国家の秘密に絡むものは、
常に現在進行形で心身に傷を負い続ける。
監視の目から逃れることはできず、
仕事と言いながらも自らやってきたことに苛まれる。

これを観てしまったら、
日本の「シン・ゴジラ」の国家防衛など、
所詮は東映特撮映画と何も変わっていない。
国防に関わる事柄というのは、
どこまでを想定されているのか、
その深さと現実の生々しさに震撼する。

今更アナログな世界には戻れないが、
「自分だけは大丈夫」
「セキュリティソフトがあれば大丈夫」
そんな甘い言葉は通用しない。
共謀罪が成立しようがしまいが、
我々はアメリカに監視されている。
同盟国でなくなった瞬間に、
日本は国としての機能を失う。
だからポチとして尻尾を振り続けるしかない。

今の日本で起きている事など、
コップの中の嵐なのだ。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/09 [moblog]


コメント(0) 

「映画 続・深夜食堂」 [ストリーミング]


映画 続・深夜食堂 Blu-ray特別版

映画 続・深夜食堂 Blu-ray特別版

  • 出版社/メーカー: アミューズ
  • メディア: Blu-ray


【ストーリー】ネオン瞬く、繁華街の路地裏にひっそりと佇む、“めしや"。
深夜0時から朝7時までやっていることから、人は“深夜食堂"と呼ぶ。
カウンターだけの狭い店に、メニューは「豚汁定食と酒類だけ」だが、材料さえ
あれば、「出来るもんなら作るよ」とマスター(小林薫)が出してくれる味と
居心地の良さを求めて、夜な夜なさまざまな客がやって来る。
春、その夜は、常連たちが揃いも揃って喪服姿で現れ、めしやの中にも何となく
湿っぽい空気が漂う。そこにもう一人、喪服姿の女性客がやって来る。
だが、出版社で編集者をしている範子(河井青葉)は仕事のストレスが溜まると、
気分転換に喪服を着て街を出歩き、シメにめしやで焼肉定食を食べるという一風
変わった女性だった。そんなある日、彼女が担当していたベテランの作家が急死し、
通夜の席で中年男・石田(佐藤浩市)と出会う。
苦み走った渋い魅力に惹かれて……。
月日は流れて夏。ある夜、近所の蕎麦屋“そば清"の女将、聖子(キムラ緑子)が
やって来る。17年前に夫を亡くして以来、店を守りながら、一人息子の清太(池松壮亮)
を育ててきたが、出前など店の手伝いをしてくれるものの、暇さえあれば卓球場に
通う清太をいまだ子供扱いしていた。一方、清太は好物の焼うどんを啜りながら、
子離れしてくれない聖子に15歳年上の恋人さおり(小島聖)との結婚を言い出せず、
悩んでいるのだった……。
秋、お金に困った息子に頼まれ、九州からやってきたという夕起子(渡辺美佐子)。
息子の同僚という男性に大金を預けたというが、話を聞いためしやの常連たちは、
“来て来て詐欺"では? と心配する。だが、当の夕起子はあまり気にも留めず、
豚汁定食を美味しそうに頬張り、どこか他人事。そんな様子に常連たちも心配し、
交番の小暮巡査に頼んで、夕起子の家に連絡してもらうことに。迎えにやって来た
義弟・哲郎(井川比佐志)が夕起子の身の上を話したことから、思いがけない真相が
明らかになる……。
そして、大晦日の夜、いつもの常連たちがめしやで年越しをしようと、
三々五々やって来るのだった……。
春夏秋冬、ちょっとワケありな客が現れては、マスターの作る懐かしい味に
心の重荷を下ろし、胃袋を満たし、心を癒しては新しい明日への一歩を踏み出して行く。

なんでしょうねぇ、
今回ものすごく哀しい話もなくて、
切ないとはいえ号泣するような話でもなかったのに、
最後に「思ひで」が流れたときに、
涙が止まらなくなっちゃったんですよ。
どちらかと言えば、
けっこうユーモラスな話が多かった様に思うのに、
やっぱり一つ一つの物語がずしんとのしかかってきて。

「めしや」に集う人たちは、
例えひとときであっても家族。
だからこそ、
一人ひとりが抱える事情をみんなで共有して、
でも余計なことは言わなくて、
それを象徴するのが、
普通の食事だけど美味しい食事。
何でもないメニューに懐かしさを覚えて、
心が落ち着いていく。

思わず2回続けて観ちゃいました。

「ツインピークス」で混沌とした状態で観たら、
余計に心にしみました。
日本映画の良さここにあり、と言う感じ。
地味だからこそ、
人生がそこにあるという見本。

松岡錠司監督、
毎度泣かせていただいております。
毎度作り込みがすごくなっていくセット、
余りのリアルさに感心しております。
また「めしや」の開店お待ちしております。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/08 [moblog]


コメント(0) 

「あぁ、だから一人はいやなんだ。」 [電子書籍]


あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎単行本)

あぁ、だから一人はいやなんだ。 (幻冬舎単行本)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: Kindle版


内容紹介
寂しいだか、楽しいだか、よくわからないけど、日々、一生懸命生きてます。
人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
全力で働いて、遊んで、吞んで、笑って、泣いて……の日々。
ぎっくり腰で一人倒れていた寒くて痛い夜。いつの間にか母と同じ飲み方の「日本酒ロック」。緊張の、海外ロケでの一人トランジット。酔ってヒールでこけて両膝から出血の地獄絵図。全力の悪ふざけ、毎年恒例お誕生会ライブ。女性芸人仲間の感動的な出産。“吞兵衛一族”の冠婚葬祭での豪快な吞みっぷり。40歳で体重計を捨ててから止まらない“わがままボディ”。大泣きのサザン復活ライブ。22歳から10年住んだアパートの大家さんを訪問。20年ぶりに新調した喪服で出席したお葬式。恒例の、オアシズ大久保さんのご家族との旅行。etc.

題名に惹かれて即買い。

でも内容は「一人」だから楽しいことばかり。
一人であるが故の寂しさとか、
一人であるが故の不自由さとか、
そういうものとは無縁のエッセイ。
一人だからこそ楽しい仕事、友情、酒飲み、
「これって健康だからだよね」と今更思うσ(・・*)アタシ。
でも基本的にいとうあさこって、
性格が良いというか、
根っからのお嬢様だからこその良さというか、
そういうものがにじみ出ている。
だからエッセイの文章にも不愉快なところがない。
一人だからってひがむところもないし、
どんなことを書いたら、
どんなことをしたら人が不愉快に思うのか、
ものすごくそれをわきまえた文章になっている。

いやね、
実は「一人だとこんなにつらい」って言うのを半分は期待していてw。

自分がここ数年考えられないような病気にかかったり、
精神状態も追い込まれたり、
今ももうどこに行ったら良いのかわからない症状で、
どうにもこうにも。
マジな話、
孤独死して連絡がつかないから、
同僚か上司が発見してもおかしくない。
そういう意味で「一人はいやなんだ」を期待したけど、
たぶんそういうものに蓋をする意味で、
彼女はこう言う人生を送っているんでしょうね。
むしろ覆そうとしてとでも言った方が良いのかも。

そういう意味では元気が出ました。
「一人だけどこんなに楽しいよ」って。
「一人だけど一人じゃないよ」って。

彼女が愛されているわけ、
仕事が次々舞い込むわけ、
いろんな事がわかった気がしました。
いつも全力投球で満身創痍w。
だけど仕事も楽しいし人間関係も充実。

私もそこそこのカネと健康があればねw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/07 [moblog]


コメント(0) 

今年もこの季節。 [お買い物]

DSCF2711-s.jpg

はい、麩まんじゅうです。

これが並ぶと「夏」って感じです。

トウモロコシに枝豆も並んで、
わいわい市はもう完璧に夏。
今週はオクラもお目見え。

夏の食卓が始まります。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/06 [moblog]


コメント(0) 

「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」 [TV]

もうTV通の方には充分ご存知の番組だろうと思うけど、
私は「伊集院光 深夜の馬鹿力」で知りまして。



このディレクターが出演者を喰ってしまうほどの、
とんでもない事をやってのける大馬鹿野郎w。
U字工事が中心になるはずが、
もう完全にこのディレクターの破天荒さに喰われまくり。
塗っちゃいけないものを身体に塗りまくり、
おまけに生魚をまるごとボリボリ貪り、
その挙げ句にガンガン現地の酒を飲みまくる。

正直最近プライムタイムも面白くなかったけど、
この番組のナスD(通称)にはやられっぱなしで、
他の企画の破壊力が全く感じられないほど。

彼は友寄ディレクター、
テレビ朝日にはこういう人がいるから、
次から次へと面白い番組が出てくるのだろう。

とにかく当分目が離せそうにない。
ちなみにYahooニュースにまでなっちゃっておりますw。


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/05 [moblog]


コメント(0) 

今週の切り花。 [お買い物]

DSCF2709-s.jpg

DSCF2707-s.jpg

スプレーバラです。

色と可憐な感じに一目惚れ。
ジメジメじとじとした空気の中で、
愛らしく爽やかに。

あー、それにしてもスゴイ湿度でイヤだw。

コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/07/04 [moblog]


コメント(0) 

- 人生は四十七から -